サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産ウイングロード 改良で利便性アップ

ここから本文です

日産ウイングロード 改良で利便性アップ

日産自動車は1日、ステーションワゴン「ウイングロード」を改良し、発売した。今回の改良では装備を充実させ、機能性や利便性を向上させている。

新たにウイングロードには全車にリヤヒーターダクトとヒーター付きドアミラー、スチール製リヤワイパーが標準装備された。

車両価格は、167万6160円から206万8200円。

また、ウイングロードのカスタムカー「ライダー」とライフケアビークル「アンシャンテ」にも同様の改良が施された。

ウイングロードライダーは、専用エアロパーツと専用フロントグリルの採用で、外装の存在感を高めたモデル。インテリアはブラック基調のデザインで、スポーティ感が演出されている。

ウイングロードライダーの価格は、237万6000円から252万7200円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します