サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > チーム存続に向け正念場のマクラーレン、バーレーンの銀行と約200億円の融資契約に合意

ここから本文です

 新型コロナウイルスのパンデミックによって経済的な打撃を受けているマクラーレン・グループは、ナショナル・バンク・オブ・バーレーン(NBB)と1億5000万ポンド(約199億円)の融資契約に合意したことが明らかとなった。

 チームの存続に向けて緊急に資金を調達する必要のあったマクラーレンは、資金の借り換えを行なおうとしていた。しかし、債権者グループが歴代マシンなどの担保を解除することを拒否したため、それらの計画は行き詰まっていた。

■F1活動継続のため資金調達を急ぐマクラーレン、債権者とトラブルで法的措置を申請

 その資金調達は緊急性の高いものであることから、マクラーレンは裁判所に出向いて計画の実行を認めさせようとした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン