サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1がハミルトンのペナルティについて再審理を請求。ハンガリー直前の審問が決定

ここから本文です
 レッドブル・レーシングが、F1第10戦イギリスGP決勝でのルイス・ハミルトン(メルセデス)に対する10秒ペナルティについて、FIAに対し再審理を請求した。ハミルトンはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)との1周目の接触において、大部分の責任ありと判断され、10秒のタイムペナルティを受けた。

 2台はコプスで接触、フェルスタッペンはコースオフしてバリアに激しくクラッシュ。その場でリタイアした。幸いフェルスタッペン自身にけがはなかったものの、マシンが大破し、チーム代表クリスチャン・ホーナーによると、損害は約180万ドル(約2億円)に上るということだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン