サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スリップサイン手前でも性能は下落! 減らずとも経年劣化! 危険を避けるための「タイヤ交換」本当の目安とは

ここから本文です

 スリップサインは危険の一歩手前というギリギリレベル

 今や消耗品も減りメンテナンスフリー化がどんどん進むが、残されたなかでも大モノなのがタイヤだ。今でも残っている消耗品というのは、逆になくすことができないわけで、それだけ重要な役割を担っていると言っていい。タイヤは乗っている人の命を預かっているパーツだ。

【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

 公式的なタイヤの替え時は、溝の中にあるスリップサインが出た時となっている。点検して表面にヒビが出たときといっていい。もちろん間違ってはいないが、これは最低限のレベルで、危険の一歩手前ということもありうる。

おすすめのニュース

サイトトップへ