サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「アイドリングストップ」は本当にエコ? 走行距離や乗り方、コストで変わるデメリットとは

ここから本文です

市街地での恩恵や車両価格差をどう考えるか

 いまや当たり前の装備なってきた「アイドリングストップ」。信号待ちなどで自動的にエンジンを停止、発進時にブレーキから足を離したり、アクセルを操作すると、プルンと再始動して違和感なく走れる機能だ。

クルマのエンジンが始動しない! そんな時にチェックすべき5つのポイント

 アイドリングストップ機構は、軽自動車への採用も増えているし、二輪ではスクーターにも装備されている。これまではクルマが動いていないのに燃料を消費している状況だったわけで、それ自体は無駄でしかないといえるだろう。

 空調を動かすなどの必要性があるときもあるが、地域によっては駐車中のアイドリングを禁止していることもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ