サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型モデル試乗」キーワードは「爽快」、世界を見据えたスポーティ5ドア、11thシビックの新価値

ここから本文です

新型は人間中心設計を徹底。爽やかなクルマに仕上がった!

 2022年、シビックは生誕50年を迎える。次の50年に向けてどうあるべきか? その答えが“爽快シビック”をキーワードに開発された11thモデルである。今回テストコースで試乗した。

「爽快シビック」11代目は5ドアハッチバックの新基準を提示する意欲作。ホンダの未来が実感できるのか!?

 エクステリアはハッチバックと言うよりクーペと呼びたくなる伸びやかなプロポーション。自然光の下で見ると、より魅力的に感じる。ボディサイズは全長×全幅×全高4550×1800×1415mm。個人的にはディーラーopのリアスポイラーを装着し、よりスタイリッシュさを強調したいと感じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ