サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気の軽ワゴン買うならどれ? N-WGN・デイズ・eKの細かな違いとは

ここから本文です

人気の軽ワゴン買うならどれ? N-WGN・デイズ・eKの細かな違いとは

■2019年に新型登場のN-WGN・デイズ・eK

 2019年は「軽自動車の年」といえるほど、多くの新型軽自動車が登場しました。なかでもスライドドアを持たない軽ワゴンでは個性的なモデルがラインナップされています。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 そのなかで、日産「デイズ/デイズハイウェイスター」、三菱「ekワゴン/eKクロス」、ホンダ「N-WGN/N-WGN Custom」という軽ワゴンが登場していますが、それぞれどのような部分が違うのでしょうか。

 デイズ/デイズハイウェイスターとekワゴン/eKクロスは、日産と三菱と両社の合弁会社であるNMKVが企画・開発のマネジメントをおこない、日産の先進技術と三菱の軽自動車づくりのノウハウを融合させた新世代モデルです。

 プラットフォームやエンジン、トランスミッションといった主要コンポーネントを刷新することで、基本性能を飛躍的に向上させたことに加え、軽自動車初の同一車線運転支援技術を採用するなど、従来の軽自動車にはない魅力を実現しました。

 また、従来から両社で特徴的な仕様を設定していましたが、新型モデルでは「日産らしさ」、「三菱らしさ」をさらに追求し、それぞれ個性的な仕上がりになっています。

 新型デイズは、日産の重要基幹車種として位置付けられており、安全性、加速性能、室内の広さ、運転のしやすさ、デザイン、質感など全方位で高い目標を設定して開発されました。

 軽自動車では初採用となるプロパイロットには、衝突被害軽減技術の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、ステアリングアシスト付きの車線逸脱防止支援システム「インテリジェント LI」とLDW(車線逸脱警報)、誤発進を抑制する「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載。

 新開発の660cc直列3気筒エンジンは、自然吸気、自然吸気+S-HYBRID、ターボ+S-HYBRIDの3種類が採用されており、S-HYBRIDはリチウムイオン電池化によってモーターアシストが前型比10倍以上になった「新S-HYBRID」となっています。

 トランスミッションにも新開発のCVTが搭載され、パワートレイン全体の振動を減らす静粛性向上技術を採用したほか、ドライバーがアクセルを深く踏み込むと加速意図を検知し、まるでギアがあるかのようにステップ変速をしながら加速する「Dステップ」を軽自動車として初めて採用しました。駆動方式にも、2WDと4WDが用意されています。

 外観デザインは、「しっかりとした骨格」「活き活きした躍動感」「精度感ある作りこみ」をデザインキーワードとし、日産の新アイコンである「V-Motion」グリルや、彫りの深いサイドのウエストライン、ブーメランリアコンビランプシグネチャー、フローティングルーフなどを採用。

 軽自動車でありながら堂々としたスタイリングを実現し、標準モデルとハイウェイスターで異なるデザインになっています。

 一方のekワゴン/eKクロスは2013年6月以来、約6年ぶりのフルモデルチェンジとして登場。運転のしやすさや快適性の向上によって日常での使いやすさなどが向上しました。

 さらに、三菱初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ パイロット)」などの先進技術によって、「いつもよりもっといろいろな場所へ行ってみたいというお客さまの想いに応えたい」と三菱は説明しています。

 新たに設定された、三菱独自のSUVテイストを持つクロスオーバーモデル「eKクロス」は、SUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名。

 同社の「デリカD:5」同様に三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、アクティブで存在感あるSUVテイストを表現しています。

 内装においては、eKワゴン/eKクロスともに「快適な空間」「スマートな使い勝手」をコンセプトにおしゃれさと実用性を追求し、スマホやティッシュケースなどを収納するスペースを多彩に用意。

 センターに位置するオートエアコンパネルは、高い視認性を実現したタッチパネル式で、風量調整スイッチと表示部をコンパクトに一体化していたことで、デザイン性も向上しています。

 また、従来モデルからエンジンルーム長を短縮し、ホイールベースを65mm延長。そのため、後席の足元空間が70mm拡大したことで、前席を一番下げた状態でも足を組んで座れるほどの居住空間です。

 eKクロスのパワートレインには、新しいハイブリッドシステムを採用し、エンジンとモーターの連携によって、燃費向上を図るとともに、力強く滑らかな走りを実現しています。

 また、路面に応じた走りを可能とする「フルタイム4WD(4WD車)」、雪道やぬかるみでも不安定なく運転できる「グリップコントロール(全車標準)」など、あらゆる路面状況においての走破性が高くなっているのです。

 さらに、減速時から停止時には車速が約13km/h以下からエンジンを停止させる「オートストップ&ゴー」機能も採用されています。

■日本一売れている「N-BOX」の弟分、N-WGNとは?

 初代N-WGN/N-WGN Customは、2013年に登場。ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の一台で、国内の新車販売で1位を独走している「N-BOX」は、いわば「お兄さん」にあたります。

 N-BOXもN-WGNも大まかには「軽ハイトワゴン」に分類されますが、N-BOXは四角いボディで背が高く、後ろのドアはスライドドアで、軽自動車版「ミニバン」のようなイメージのクルマ。

 対して、N-WGNはそこまで背は高くなく、後ろのドアもヒンジドア。軽自動車版のワゴンや乗用車のようなイメージです。

 N-WGN/N-WGN Customの標準モデルは丸いヘッドライトで親しみやすいデザイン。一方、カスタムモデルは、スクエア基調のデザインで力強さを表現しています。

 どちらもヘッドライトの上にウインカーランプを配置し、マユ毛のように見えてかわいらしい印象で、丸目に太マユのノーマルモデルは、マユ毛コアラみたいでかわいらしいイメージです。

 一方「カスタム」のウインカーは細長く、最近流行している「流れて光る」タイプ。「カスタム」のマユ毛は、凛々しい印象を受けます。

 パワートレインは、自然吸気エンジン、ターボエンジンの2種類。また、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備。衝突を予測してブレーキをかける「衝突軽減ブレーキ」、誤って急加速するのを抑える「誤発進抑制機能」、車間を保って先行車を追従する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」(渋滞追従機能付き)、などを搭載しています。

 とくに、渋滞追従機能付きの「アダプティブ・クルーズ・コントロール」は、ホンダの軽自動車としては初採用。ノロノロ運転でも先行車を追従し、先行車が止まると合わせて停車までおこないます。

 N-BOXの「クルーズコントロール」は速度が30km/h以下になるとキャンセルされますが、新型N-WGNは停止まで制御を続けます。

 ほかにも、駐車でバックするとき障害物を検知する「パーキングセンサーシステム」や、停車時にブレーキペダルから足を離しても停車しつづける「オートブレーキホールド機能」といった機能も搭載。

 細かいところでは、ハンドル位置を前後上下に調節できるほか、運転席の座席位置は、前後だけでなく高さの調節もすることができます。

※ ※ ※

 かねてから軽自動車市場では、N-BOXやダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」などの全長1700mm以上で、後席スライドドアを採用するモデルが人気でした。

 しかし、最近は前述の条件を満たさない軽ワゴンの人気も出始めています。実際にデイズシリーズは、発売開始から徐々に販売台数を伸ばしていき、一時期にはタントやスペーシアを凌ぐ販売実績を残しています。

 そんななか、ホンダはN-BOXに次ぐ主力の軽モデルとしてN-WGN/N-WGN Customに力を入れていましたが、電動駐車ブレーキ(EPB)の不具合によって、同年9月から生産を停止しています。

 発売当初の受注状況などでは、相当数の台数が予想されていたことから、問題なく販売されていれば軽自動車の販売台数ランキングで上位に来ていたかもしれません。

 なお、それぞれの価格(消費税込)は、デイズ/デイズハイウェイスター(129万6900円から181万1700円)、ekワゴン(132万円から153万4500円)/eKクロス(181万1700円から179万8500円)、N-WGN/N-WGN Custom(129万8000円から182万7100円)となっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します