サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MaaS事業者間でデータを柔軟に共有できるプラットフォーム ドコモなど共同開発

ここから本文です

NTTドコモなどは4月12日、沖縄の交通系ICカード「OKICA」を活用する沖縄版MaaS(モビリティアズアサービス)実現に向け、ブロックチェーン技術によって移動関連データを蓄積・共有・活用可能な「MaaS データプラットフォーム」を開発したと発表した。

MaaSデータプラットフォームは3月15日から3月17日まで沖縄県那覇市と豊見城市で実証実験を実施して、有用性を確認した。

実証実験では、交通サービスを通して得られる乗降時間、乗降場所などの移動関連データを、ブロックチェーン技術を活用し、移動ごとに異なる IDとして匿名化した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン