サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:敗因はレースペース。フリーストップを許して最悪の状況に陥り、苦い思い出が蘇った1戦

ここから本文です
 今年の第4戦スペインGPの決勝レースを見ていたほとんどの人が、2年前のことを思い出していたに違いない。それは、2019年のハンガリーGPだ。ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、レースを終始リードしていたが、異なるピットストップ作戦を選択したルイス・ハミルトン(メルセデス)にレース終盤に逆転された、あのレースだ。

 その苦い思い出をフェルスタッペンも忘れていなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン