サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JR西日本、北陸エリアで観光型MaaS 2022年度に本格導入

ここから本文です
JR西日本は6月11日、北陸エリアへの観光誘客の拡大を図るため、さまざまな交通機関、観光素材をスマートフォンでシームレスに検索・予約・決済することができる「観光型MaaS(モビリティアズアサービス)を2022年度に導入すると発表した。

本格導入を前に2021年12月1日から2022年3月31日まで、実証実験を実施する。北陸3県と協力してMaaSアプリ「WESTER」の基盤を活用した「おでかけクエスト(デジタルスタンプラリー)」を実施する。観光施設や公共交通の利用など、複数のクエスト達成による特典を付与する。提供エリアは富山県、石川県、福井県。

おすすめのニュース

サイトトップへ