サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > STIの手にかかるとミニバンですら走りが激変! かつて存在した「エクシーガtS」の驚くべき中身

ここから本文です

水平対向エンジン搭載の「3列ミニバン」発売は開発陣の悲願だった⁉

 エクシーガは2017年(販売は2018年、SUV仕様のクロスオーバー7を含む)まで発売されていた国内では唯一の水平対向エンジンを搭載する「2+3+2」の3列シート/7人乗りミニバンである(当初はミニバンと呼ばず他人数乗り車と称していた。海外では現在もSUVのアセントが存在)。

スバルの宝はニッポンの宝! 消えたいまでも「EJ20型エンジン」に今なお魅了されるワケ

 この7人乗りのミニバンの構想はエクシーガ登場する10年以上前から検討されており、モーターショーではコンセプトカーも数多く出展されたが、浮かんでは消え、消えては浮かぶ感じだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ