サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【走るスイートルーム】初代ルノー4 「ホテル」として復活 60周年記念ワンオフモデル

ここから本文です

初代「4」を再設計

ルノー4の誕生60周年を記念して、「遊牧民のホテルのスイートルーム」をイメージしたワンオフモデルが発表された。

【画像】オープンエアのスイートルーム【スイートN°4や新型5を写真で見る】 全15枚

「スイートN°4」と呼ばれるこのモデルは、ルノーがフランス人デザイナーのマチュー・レハヌールと協力して初代4を再設計したもので、ボディ後部がポリカーボネート製の窓に置き換えられている。

ルノーによると、この温室のようなデザインにより、後部に「芸術家のスタジオと同等の照明」を備えているとのことだ。

スイートN°4はEVに改造されており、ルーフに設置された透明なソーラーパネルが充電に使われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ