現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “次期型”日産「GT-R」にホンダ「プレリュード」!? マツダ「ロータリー搭載スポーツカー」にトヨタの「ド迫力スポーツカー」も! JMS2023の注目車種がスポーツカーだらけ

ここから本文です

“次期型”日産「GT-R」にホンダ「プレリュード」!? マツダ「ロータリー搭載スポーツカー」にトヨタの「ド迫力スポーツカー」も! JMS2023の注目車種がスポーツカーだらけ

掲載 更新 17
“次期型”日産「GT-R」にホンダ「プレリュード」!? マツダ「ロータリー搭載スポーツカー」にトヨタの「ド迫力スポーツカー」も! JMS2023の注目車種がスポーツカーだらけ

■次期型GT-Rにプレリュード…スポーツカーだらけのJMS2023

「モビリティショー」と名称も変わり、イメージとしてはもっとSDGSを意識した展示が占めるかと思われた「ジャパンモビリティショー2023(以下JMS2023)」。

まさにスズキ「“スイフト”スーパーカー」!? 400馬力超え「ハヤブサ」エンジン搭載で1トン切り!? スズキが見せた本気の「爆速マシン」に反響集まる

 ところが、フタをあけてみたら意外や走り系のクルマが好きな人にとっては願ってもないほど、パフォーマンス系の展示が充実していました。その中から、走り系のクルマが大好きな筆者が注目したモデルをいくつか紹介します。

 実現したらダントツで速そうなのが、日産の「ハイパーフォース」です。「GT-R」の名称はついていませんが、見るからに次期GT-Rと関連が深そうで、フロント中央のモザイクがかかったようなエンブレムは、薄目で見ると「GT-R」に見えます。

 この迫力満点のエクステリアデザインを見た瞬間に往年のレーシングカー「トミカスカイライン」を想起したのですが、開発関係者によるとまさしくそのとおりらしいです。スーパーGTに携わるNISMOが手がけたもので、ひとつひとつすべてに機能が盛り込まれていります。

 たとえばフロントバンパーとフェンダーの両サイドに模様があるのは、バンパーはせり出してカナードとして、フェンダーは穴が開いてダクトとして機能するようになっています。フロントの独特な形状も、空気を取り入れてから引き抜くことで、冷却とダウンフォースが得られるようになっています。

また、まだあまりなじみのない「鍛造カーボン」を素材に用いているのも特徴です。現在はレースで使うのは許されていませんが、剛性が高くて強度も高い非常にスグレモノで、次世代の素材として注目されています。

 もちろんパワートレーンも強力。全固体電池と高出力モーターと4輪制御技術「e-4ORCE」の進化版を組み合わせ、実に最高出力1000kWを発生します。「1000ps」ではなく、「1000kW」、つまり約1360psです。

 このデザインも1000kWのパワーを着実に路面に伝え、トラクションと旋回性を高めるためのものに違いありません。ほかにもいろいろ手を尽くしていて、ここでは紹介しきれないほどのネタが盛り込まれています。

 市販車というよりもレーシングカーのコンセプトカーのように思えるほど本格的な内容です。とにかく一時はもうないかもしれないといわれた次世代のGT-Rの開発がしっかり進められていることがわかりうれしかったのと、それが電動化を大前提に進められているのは間違いなさそうなことがうかがえた次第です。

■ホンダはプレリュードを復活へ?

 ホンダは往年のビッグネームである「プレリュード」についても、インテグラにつづいて復活させるようです。2020年代半ばには市販の予定とのことで、展示車もコンセプトというより、このまま市販されてもおかしくないぐらい現実味がありました。

 元祖デートカー「プレリュード」と聞いて興味を持って、実車を見て「欲しい!」、「乗りたい!」と思う人が続出しそうなほど、カッコよく見えることにこだわったというスタイリングは、なかなかに魅力的です。

 過去のプレリュードとの共通性は見受けられませんが、とにかくこのクルマを見た人が、乗りたい、と感じるようなスタイリッシュなクーペとしてつくられています。ショーでの展示車は、ドアが開かずウインドウも黒くされていたのですが、よく見るとうっすらと見えて、インテリアもかなり完成している様子でした。

 パワートレーンは、e:HEVが搭載される見込みで、インテグラにはない4WDもあるようです。また、流麗なファストバックスタイルでトランクがどうなっているのか気になったのですが、3ドアすなわちハッチバックで、プレリュードとしては歴代初となります。

 かつてプレリュードを愛用していた層はもちろん、夫婦で旅行に出かけるのに、荷物が積みやすいように、とにかく、ダンナさんが欲しいと思っても、奥様からダメと言われないようにいろいろ配慮したそうです。

■次期型MR2…じゃない?トヨタ「FT-Se」

 トヨタが小型軽量で高密度という強味を活かした次世代電池を用いた新開発のEV用プラットフォームをベースとするバリエーションをいくつか展示した中で、スポーツカーとして仕立てたのが「FT-Se」です。

 これまた見てのとおりいかにもコンセプトカーらしい特徴的なスタイリングと先進的なインテリアではありますが、意外と市販車にすでに近いような印象も受けました。BEVだからこそ可能となるいろいろな機能やアイデアが盛り込まれている中で、FT-Seには他にはないポイントが大きくふたつあります。

 ひとつは、BEVでありながら、MT感覚のドライビングを楽しめるようにされることです。いまやATのほうが速く効率よく走れる時代になったといっても、MTを愛する根強い層は少なくありません。

 実際に変速機構を搭載するわけではないようですが、ドライブフィールはMTそのものになるよう開発中とのことで、はたしてどのようになるのか楽しみです。

 もうひとつが、クルマとともにドライバーが成長するという、ソフトウェアアップデートです。これは大まかにドライバーのレベルに応じて、バイワイヤのステアリングをはじめ走りの味付けを変えていけるというものです。

 開発関係者によると、クルマ側で技術的にはできてもむしろやらないほうがよいこともあるので、スポーツカーに相応しい「意のまま」の走りを追求したときに、制御がどうあるべきかを試行錯誤しながら開発中とのことでした。

 そうした踏み込んだ領域まで開発がすでに進んでいるということでしょうか。やがて世に出てきたときにどんな走りに仕上がっているのか、実に楽しみです。

■次期型RX-7なの? マツダ「アイコニックSP」

 今回の中で、もっとも話題沸騰なのは、マツダの「アイコニックSP」でしょう。車名に「コンセプト」ではなく「アイコニック」とされているのがまさしくこのモデルの位置づけを示しています。

 何かのコンセクトカーというよりも、クルマ好きな人が見て、誰しもがカッコイイ!と直感する、それを象徴するようなデザインをカタチにしたというニュアンスです。実際にも、とにかくプロポーションの美しさが際立っているのは、写真で見ても明らかでしょう。

 あまりに低いフロントフードはロータリーだからこそ実現できたに違いなく、ツーローターを、水素をはじめさまざまな燃料で動かして発電し、モーターで後輪を駆動することを想定しているそうです。
 
 また、スポーツカーを象徴するものとして、小ぶりなリトラクタブルヘッドライトを採用したことにも心くすぐられます。

 よく見ると、フロントウインドシールド上端の少し後方に分割線があります。ということは、やはりオープントップも想定しているということでしょうか。だとしたらアイコニックPSはロードスターRFのコンセプトモデルで、ノッチバックのソフトトップ版も存在するのかもしれません。また、今回のショーではやけに縦に開閉するドアとして展示車が多かったのですが、アイコニックSPもその1台でした。

 これらショーカーが見せてくれたものがやがてどう市販車に盛り込まれるのかとても楽しみです。モビリティショーは週末の11月5日(日)まで開催されます。まだ時間があるので、実車をご覧になりたい方は、ぜひ会場まで足をはこんでみてください。

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
くるまのニュース
次期「GT-R」は1360馬力のモンスターマシンに進化!? 日産が超高性能な「ハイパーフォース」実車お披露目!
次期「GT-R」は1360馬力のモンスターマシンに進化!? 日産が超高性能な「ハイパーフォース」実車お披露目!
くるまのニュース
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
くるまのニュース
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
くるまのニュース
500馬力超え! 三菱の”ド迫力スーパーカー”「XR-PHEV エボ」!三菱が本気で作った「爆速マシン」とは
500馬力超え! 三菱の”ド迫力スーパーカー”「XR-PHEV エボ」!三菱が本気で作った「爆速マシン」とは
くるまのニュース
マツダ「新型ロータリースポーツカー」実車展示! 「次期RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルが登場! 再度お披露目で市販化なるか
マツダ「新型ロータリースポーツカー」実車展示! 「次期RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルが登場! 再度お披露目で市販化なるか
くるまのニュース
次期型登場も間近? マツダ ロータリーモデル「RX-9」実は「もうあった」!? 「知らなかった」「めちゃ気になる」反響大な45年前の激レアモデルとは
次期型登場も間近? マツダ ロータリーモデル「RX-9」実は「もうあった」!? 「知らなかった」「めちゃ気になる」反響大な45年前の激レアモデルとは
くるまのニュース
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
くるまのニュース
“ケンメリ”復活!? 6速MT搭載の新型「超レトロ顔ハッチバック」初公開! シビックベースの光岡「M55」市販化の可能性は大いに「アリ」?
“ケンメリ”復活!? 6速MT搭載の新型「超レトロ顔ハッチバック」初公開! シビックベースの光岡「M55」市販化の可能性は大いに「アリ」?
くるまのニュース
日産が次期「エルグランド」匂わせ!? 斬新デザインは実現する? 元祖「キング・オブ・ミニバン」が全面刷新したら「どうなる」のか
日産が次期「エルグランド」匂わせ!? 斬新デザインは実現する? 元祖「キング・オブ・ミニバン」が全面刷新したら「どうなる」のか
くるまのニュース
まるで「ケンメリ」な「新型」初公開! 丸目4灯の70年代テイストに「ダッジ」意見も? 各世代が”グッときた”ミツオカ「M55」に現役デザイナーはどう思う?
まるで「ケンメリ」な「新型」初公開! 丸目4灯の70年代テイストに「ダッジ」意見も? 各世代が”グッときた”ミツオカ「M55」に現役デザイナーはどう思う?
くるまのニュース
6速MT搭載の斬新「5ドアハッチバック」実車公開! ケンメリ顔の新型モデルが凄い! 市販化の可能性は? 麻布で展示
6速MT搭載の斬新「5ドアハッチバック」実車公開! ケンメリ顔の新型モデルが凄い! 市販化の可能性は? 麻布で展示
くるまのニュース
ダントツの1位はR32!! 登場から60年……現行スカイラインNISMOはスカGにふさわしいのか!?
ダントツの1位はR32!! 登場から60年……現行スカイラインNISMOはスカGにふさわしいのか!?
ベストカーWeb
めちゃ「オシャレ」! 注目の「カクカク」コンパクトSUV「日産」にあり! 増加するスクエアデザインの先駆け? 再注目されるモデルとは
めちゃ「オシャレ」! 注目の「カクカク」コンパクトSUV「日産」にあり! 増加するスクエアデザインの先駆け? 再注目されるモデルとは
くるまのニュース
超レトロな「新型スポーツカー」世界初公開! 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡新型「M55」実車展示実施 なぜ今「旧車デザイン」で登場?
超レトロな「新型スポーツカー」世界初公開! 6速MT×丸目4灯がカッコイイ! 光岡新型「M55」実車展示実施 なぜ今「旧車デザイン」で登場?
くるまのニュース
なぜ「日産シルビア(S13型)」はクルマ好きを魅了し続けるのか?──歴代日本カーオブザイヤー受賞車特集(第2回)
なぜ「日産シルビア(S13型)」はクルマ好きを魅了し続けるのか?──歴代日本カーオブザイヤー受賞車特集(第2回)
くるくら
日産「次期型マーチ」まもなく登場!? 斬新“丸目”の爆速「2人乗りハッチバック」になるか? 新型「マイクラ」の生産をアンペアが行うと発表
日産「次期型マーチ」まもなく登場!? 斬新“丸目”の爆速「2人乗りハッチバック」になるか? 新型「マイクラ」の生産をアンペアが行うと発表
くるまのニュース
「なぁ日産、もっと大事にしてあげてくれよ」カッコよくて高性能なのに“不遇”?なZ32フェアレディZ【推し車】
「なぁ日産、もっと大事にしてあげてくれよ」カッコよくて高性能なのに“不遇”?なZ32フェアレディZ【推し車】
MOBY

みんなのコメント

17件
  • だから「ド迫力」いらんて。
  • 新型スポーツカー出るたびに「最後の~」って煽っときながら平気で記事書く神経の太さは見習いたいものだね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

168.3249.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0345.8万円

中古車を検索
プレリュードの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

168.3249.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0345.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村