サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル「僕もマシンも限界だったが、これが最大限の結果。戦略にも満足」:ウイリアムズ F1第4戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは14位、ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。

■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=14位
 今日の自分たちの仕事ぶりに満足しなければならない。レース中のマシンの感触は良くて、本当に自信が持てた。でもそれが結果には反映されず、15番手からスタートして14位でフィニッシュした。

【動画】F1第4戦スペインGP決勝ハイライト

 僕たちは1ストップだったが、周りは2ストップを行っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ