サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名車セド/グロの魂は消えたのか? もっと頑張れたはず!? 惜別・日産フーガの遺したもの

ここから本文です
 かつては4.5リッターの大排気量V8エンジンをラインナップし、豪快な走りでファンを魅了していた日産の高級セダン「フーガ」。後席も広く、名車「セドリック/グロリア」の後継として恥じない実力を持っていたクルマだ。

 しかしながら、日本市場では受け入れられることはなく、気が付けば生産終了。いったいフーガは何がダメだったのか、そして日産に何を遺すことができたのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ