サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズCEO兼チーム代表のカピートが新型コロナに感染。グランプリには帯同せず/F1サウジアラビアGP

ここから本文です

 12月2日(木)、ウイリアムズ・レーシングは、CEOとチーム代表を兼任するヨースト・カピートが新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 今週末に開催されるF1第21戦サウジアラビアGPを前に行われた新型コロナウイルスの検査で、陽性が判明したカピート。ウイリアムズの発表によると、カピートは現在イギリスの保健当局のガイドラインに従っているという。

サー・フランク・ウイリアムズ逝去に日本メーカー/ドライバーからも追悼の声

 なおチーム内のスタッフには影響はないとのこと。カピートはチームに帯同できないが、ウイリアムズは予定通りにトラックサイドの運営を続けることになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ