サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1ボス、クビサとヒュルケンベルグの離脱を惜しむ「才能にふさわしい結果を出せなかった」

ここから本文です
 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2020年のF1シートを得られないまま最終戦を終えたふたりのドライバーに敬意を表した。

 多くのファンが、マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレール、アレクサンダー・アルボン、ランド・ノリスといった新しい世代のドライバーたちに引き付けられ、それがF1人気につながっているのは間違いない。しかしブラウンは最終戦を振り返り、ふたりのベテランドライバーたちの素晴らしさに言及した。

おすすめのニュース

サイトトップへ