サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界の航空業界ワクチンで“格差”---赤字続くJALとANA、米デルタとアメリカンは黒字転換[新聞ウォッチ]

ここから本文です

2021年4~6月期の決算発表がピークを迎えているが、国内と世界の航空会社を比べると、業績の回復力に大きな差が出てきたという。

日本航空(JAL)が発表した21年4~6月期の連結最終損益(国際会計基準)は579億円の赤字だった。好調な貨物輸送やコスト削減で赤字幅は前年同期(937億円の赤字)よりも縮小したが、旅客数は新型コロナ前の水準には回復していないようだ。

ライバルのANAホールディングス(HD)も21年4~6月期の連結最終損益は511億円の赤字(前年同期は1088億円の赤字)を計上。

おすすめのニュース

サイトトップへ