サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル米国販売21%減、11年ぶりのマイナス 2020年上半期

ここから本文です
SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは7月1日、2020年上半期(1~6月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は26万7110台。前年同期比は21.3%減と、2009年以来、11年ぶりに前年実績を下回った。

最量販車はSUVの『フォレスター』で、8万5860台を販売。前年同期比は0.4%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。『クロストレック』(日本名:『XV』に相当)は、4万5732台を販売。前年同期比は21.8%減と、2年連続のマイナス。3列シートSUVの『アセント』は、21.7%減の3万1397台にとどまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ