サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本当に出るのか?? そろそろ準備完了か? 今年最大の注目車ランクル300直前情報

ここから本文です

本当に出るのか?? そろそろ準備完了か? 今年最大の注目車ランクル300直前情報

 2021年に発表予定の数ある新型車のなかで、最も根強いファンがいるクルマ…と言ってもいいのがトヨタのランドクルーザー。数年前からフルモデルチェンジが待ち望まれ、ついに今年、新型がヴェールを脱ぐ。

 しかし当初伝えられていた「春ごろ」というデビュー時期にはやや変更があったもよう。さすがに発売数カ月前であれば、全国のトヨタ車販売店で事前予約の受付が開始されるはずだが、その気配はまだない。

令和になって「慣らし運転」復活!?? 新型レヴォーグを買うと教わる意外な注意書き

 新型ランドクルーザーはいつ発表されるのか? そろそろか? それともまさか…。毎日販売店を回って「生の声」を集めてくれる、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に取材をお願いした。

文/遠藤徹 写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】まもなく発売か..⁉ みんなが待ち望むランクル300予想と現行型スナップ

■ランクル300の発売は先送りか!?

 トヨタの最上級クロカン4WD車の次世代「ランドクルーザー300」の概要情報が、まだトヨタ本体から流れてこない。

 販売店には、2021年1月の時点で「3月下旬にもオンラインで商品概要が明らかにされ、4月に先行予約の受付がスタート、5月のゴールデンウイーク明け頃から正式に発表、発売の予定」といったスケジュールが組まれていたという。

 ところがつい最近になって若干先送りになっているようだ。

 コロナ禍による半導体関連部品の供給遅れの影響で、5月先行予約の受付開始、7月発表、発売、納期は8月頃となっている見込みである。

従来モデル(ランドクルーザー200)の生産は2021年2月時点ですでに終了している。ランクルにはさまざまなドレスアップ&カスタマイズパーツが発売されており、アフター市場でも人気の高さがうかがえた

 販売店によると、従来モデル(ランドクルーザー200)の生産は2021年2月時点ですでに終了しているとのこと。もともと受注してから組み立て納車するシステムであったから、販売店に従来モデルのほとんど在庫がないため、すでに購入することは難しい状況になっている。

 したがって、現時点でランクル購入希望ユーザーは、従来モデルの中古車か、発売予定の新型ランドクルーザー300の先行予約の受注開始を待つしか方法はないということになる。

■次期型も従来モデルのフレーム構造は継承だが、中身に大きな変化か

 ランドクルーザー200の登場が2007年9月18日であるから、約14年ぶりの世代交代となる。

 次期型のランドクルーザー300の商品詳細はまだ明らかになっていない。

 ただ断片的には少しずつ情報が流れ始めている。基本的にはキープコンセプトであるが、中身は大きく変わるといってよい。

 トヨタの次世代のクルマづくりの新しい考え方である「TNGA」による新開発のプラットフォームを採用する。ラフロード走行に強い、従来モデルのフレーム構造は今回も継承。

次期型はまだ詳細明らかになっていないがコンセプトはそのまま、中身は大きく変わるといってよいだろう

 ボディサイズは従来モデルである「200」の全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mmを拡大。全長を20mm延長、全幅を5mm拡大、全高は20mm引き下げる。

 これによってラフロード、高速域での安定走行を向上させる。全長、全幅の延長や拡大は前後バンパーやフェンダーデザインの調整で可能だから、室内の居住空間は殆ど従来モデルと同じともいえる。

 ホイールベースは(「200」の2850mmから)50mm程度延長し、室内居住空間の拡大や走行性の向上に貢献させる。

 エクステリアデザインは従来モデルが直線と曲面を融合させたシンプルなボクシーフォルムなのに対して、やや直線を強めたワイルド志向に振った仕立てでまとめている。

新型ランドクルーザー(ベストカー編集部予想CG)

新型ランドクルーザー(ベストカー編集部予想CG)リア

 フロントマスクは横長の6角グリルケースに横3本の細いメッキ板を走らせたデザインから横長の大型逆台形グリルケースに4本のメッキ板を走らせ精悍さを強調する。ヘッドランプは従来の2眼ハロゲンから3眼フルLEDで夜間走行での視認性を格段に向上させながら見た目も好印象の顔立ちを引き立たせるデザイン処理となる。

■クリーンディーゼルが新たに搭載

 パワーユニットも刷新される。従来型の「200」はV型8気筒4.6L、NAのみだったが、これを廃止してV型6気筒3.5Lハイブリッド、同3.5Lツインターボ、3.3Lクリーンディーゼルターボの3つを搭載する方向…という情報が入ってきている(ハイブリッドは先送りする可能性がある)

 このハイブリッドはEV走行可能なストロング式ではなく、モーターアシスト方式のマイルド方式といわれる。クリーンディーゼルが新たに搭載されるのは兄弟分のランドクルーザープラドのディーゼル仕様が80%以上の販売構成比で圧倒的な人気を集めていることを考慮してのことと思われる。

 フルタイム4WDは従来ユニットの改良バージョンを採用する。トランスミッションはすべて6ATとの組み合わせになるが、ハイブリッド車を設定する際にはCVTが採用される。シートレイアウトは2列シート5人乗りと3列シート8人乗りを設定。レザー、上質合皮、ファブリックと3タイプを用意する。

■車両本体価格は従来から上級シフトし、約50万円の引き上げ

 安心&安全パッケージの「トヨタセーフティセンス」は現行クラウン、アルファード、ハリアー並みかそれ以上に進化させた最新デバイスを標準装備する。オーディオディスプレイは12.3インチの大型ナビ画面を採用する。

写真は現行型のインパネ。新型ランクルは12.3インチの大型ナビ画面を採用して、快適性や操作性はさらに向上するという

 車両本体価格は従来200の482万6800~697万4000円から上級シフト。新開発エンジンの搭載、安全対策強化、装備の充実などによるコストアップによって荷重平均で約50万円引き上げられる。

■「さらに遅れる可能性も」証言1:首都圏トヨタ店営業担当者

 次期型のランドクルーザー300はこの3月下旬から4月上旬にかけてメーカーからオンラインでの内容提示があり、4月下旬に先行予約の受付を開始、5月のゴールデンウイーク明けから発売開始する予定だった……

 が、発売が多少延期になっているようだ。理由はよく分かっていないがコロナ禍で半導体部品の供給が遅れている可能性がある。2021年8~9月頃になってしまう可能性がある、と聞いている。

■「在庫がなく中古車を案内」証言2:首都圏トヨペット店営業担当者

 次期型ランドクルーザー300の発表、発売は当初予定より3ヶ月程度先送りされ、今夏の8月頃になると聞いている。現行200はすでに年初にオーダーストップになり、在庫はゼロだから売れない状況にある。したがって200が欲しいお客さんには中古車を売るしか方法はないということになる。

現行200はすでにオーダーストップになり、在庫はゼロ。中古を売るしかない..

 次期型300は3月下旬から4月にかけてメーカーから内容がオンラインで送られてくる方向にあるが、もしかしたら発売日の先送りに伴ってこちらも多少遅れる可能性がある。

 パワーユニットは、3.5Lガソリン+モーターのハイブリッド、3.3Lクリーンディーゼルターボの情報が流れているが、正確なことはまだ分かっていない。

【画像ギャラリー】まもなく発売か..⁉ みんなが待ち望むランクル300予想と現行型スナップ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します