サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 貨幣発祥の地「聖神社」からライダーに馴染みの秩父を巡る/神社巡拝家・佐々木優太の「神社拝走記」【第9回】(埼玉県)

ここから本文です

日本全国、至る所に当たり前のように建っている神社。普段見ているその建築物は、いつ頃からそこに存在していたのだろうか。
今回訪れたのは、多くのバイク乗りが訪れる秩父エリアの「聖神社」。寒かった冬が終わり、新緑が眩しい春の秩父往還を疾走ります。
※この記事は月刊オートバイ2018年6月号で掲載したものを加筆修正しております。

みんなの願いはただ一つ!
関越自動車道を降りて、国道140号線を秩父市街地へ向けて疾走ります。

原付二種の最高速度を徹底調査!

すると「和銅遺跡」と書かれた大きな看板が見えてきました。

気になるのは、その文字の下に描かれた「お金」の絵。

おすすめのニュース

サイトトップへ