サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 日本航空「エアタクシー事業」実現に向けた実証実験 大阪・関西万博に合わせて2025年度に事業化を目指す

ここから本文です
 日本航空(JAL)は、2025年度にeVTOL(電動垂直離着陸機)を使ったエアタクシー事業の開始を目指して、2021年11月より実証実験を始めると発表しました。

 JALが行う実験は、大阪府のプロジェクト「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」として採用され、2025年に開催される大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」とも呼ばれるeVTOLを使った会場周辺の遊覧飛行、輸送・交通などのサービスを提供することを目指しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン