サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、ハミルトン&ボッタスとの交渉に専念。“想定外の事態”に備えてベッテルも候補のまま

ここから本文です

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフは、メルセデスのドライバー候補からセバスチャン・ベッテルを外してはない。それは、予想外の事態で突然空シートができることもあるからだ。

 メルセデスでは、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとの契約が今シーズン末に終了するが、2021年のラインアップはいまだ決定していない。

レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデス入りを望むも「ハミルトンとのペアはチームにとって頭痛の種になる」

 ウォルフはドイツのメディアに対し、もし想定外の事態が起きた場合、4度のF1チャンピオンであるベッテルが部外者からメルセデスの最有力候補にレベルアップする可能性があり、メルセデスはベッテルを候補から退けることはできないと述べた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン