サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 豪州SC:2020年シーズンラウンチ開催。ジェームス・コートニーの新チームはコカ・コーラが支援

ここから本文です

豪州SC:2020年シーズンラウンチ開催。ジェームス・コートニーの新チームはコカ・コーラが支援

豪州SC:2020年シーズンラウンチ開催。ジェームス・コートニーの新チームはコカ・コーラが支援

 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの2020年シーズンラウンチが、2月5日にシドニーのハーバーブリッジ・サイドで開催され、ジェームス・コートニーをエースに据えた新チームがアンベイル。アジア太平洋地域を担当するコカ・コーラ・アマティル社をメインスポンサーに迎え、レッド一色におなじみのロゴが入ったホールデン・コモドアZBが披露された。

 2010年のVASCシリーズチャンピオンであり、日本のスーパーGTを戦った経験もあるコートニーは、長年在籍したウォーキンショー・レーシング(現WAUウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド)からの移籍を決断。2020年はゴールドコーストからシドニーへと拠点を移したテクノ・オートスポーツ改め“チーム・シドニー”でリードドライバーに就任する。

フォードの独走阻止へ。オーストラリア・スーパーカーが開幕前2度目のエアロテスト実施

 シドニーで生まれ育った39歳のコートニーは、15年ぶりにオーストラリア最大都市に拠点を置くVASCチーム誕生を喜ぶとともに、ホールデンのホモロゲーション認証担当ファクトリーチーム、トリプルエイト・レースエンジニアリングが製作したカスタマー車両で「ワークスを打ちのめす準備はできている」と意気込みを語った。

「僕はすでに西シドニーの新ファクトリーで、クルーのみんなと密接に働き始めている。2010年にDJRに所属し、ジェイミー・ウインカップを破ってタイトルを獲ったときも、彼らの製作したホールデンに乗っていた。このマシンの構成は、そのチャンピオン獲得時の条件と本当に近いものがある」と手応えを語ったコートニー。

「代表のジョン(ジョナサン・ウェブ)も僕もシドニー西部の出身で、この街にふたたびレースの興奮をもたらしたいと燃えているんだ。カスタマープログラムとはいえ、マシンはファクトリースペックと同一で、コカ・コーラも支援してくれる。このマシンでレッドブル(・レーシング・オーストラリア=トリプルエイト)を打ち負かせたら最高だろう?」

 一方、開幕戦アデレード500の直後にシドニーの新ファクトリー本格稼働を予定する代表のウェブも「シーズンに向け最適なロジスティックが組めた」と自信をみせている。

「現在、僕たちはまだゴールドコーストの拠点をベースに動いているが、開幕戦に向けアデレードに出発し、レースを終えたらそのままシドニーの住人になる。マシンの製作、機材の移設、チームメンバーの移動など、すべてを一挙に行うのではなく無理の生じない行程を選択した。とても理にかなったストラテジーが組めたよ」
 2台体制を敷くチーム・シドニーは、まだ2人目のドライバーを発表していないが、VASC下部組織のデベロップメント・シリーズである『Super2』の2018年王者、クリス・ピザーの起用が有力視されている。

 そのほか、2020年で創設60周年を迎えるシーズンラウンチにはスタードライバーが数多く参加し、改めてデビューイヤーに大成功を収めたフォード・マスタングは、ニッサン陣営からスイッチするケリー・レーシングの2台、リック・ケリー、アンドレ・ハイムガートナー車を加え8台に増殖することが確定。

 対してホールデン陣営もチーム・シドニー(元テクノ・オートスポーツ)を含め、マット・ストーン・レーシング、チーム18などが2台体制に移行。ブラッド・ジョーンズ・レーシングは4台のコモドアZBを走らせる計画だ。

 また、スーパースプリント戦は新たに200kmレースを土日2ヒートで争うフォーマットに修正され、スーパー400と名称を変更。耐久戦の“エンデューロカップ”に組み込まれていたサンダウンがその新フォーマットを採用し、代わって第10戦のザ・ベンドが2020年耐久カップ開幕戦に指定された。

 VASCのシリーズCEOを務めるショーン・シーマーも「新たな技術パッケージは競争均衡をもたらし、選手権は歴代でも最高レベルに充実したカレンダーでシーズンを迎える」と期待を込めた。

「こうしてシドニー・ハーバーブリッジの壮大な背景の前で、60周年の記念すべきシーズンを開始できることをうれしく思う。3つのチームがシングルカー体制から移行し、レースチームの成長推移を証明しているほか、マスタングは8台に増加する」

「1960年にシングルレースとして始まったシリーズが、オーストラリアの最高峰モータースポーツ・カテゴリーとして認識されるまでの、素晴らしいマイルストーンを祝うシーズンになるだろう」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します