サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 斬新ハンドル採用のトヨタ新型「bZ4X」は2022年発売! 全固体電池はHVから! 欧州で脱炭素戦略を発表!

ここから本文です

■トヨタ新型「bZ4X」を欧州初公開!

 トヨタの欧州法人となるトヨタモーターヨーロッパ(TME)は、脱炭素に向けた取り組みや電動車の投入に関する発表をおこないました。
 
 また、同時にトヨタのEVブランド「bZシリーズ」第一弾の新型「bZ4X」や新型「カローラクロス」を同市場で初公開しています。

次期型「プリウス」は超絶進化? トヨタが「全固体電池」に全集中する訳とは

 TMEは、2035年までに欧州市場で販売するすべての新車を電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など二酸化炭素を排出しないゼロエミッション車(ZEV)に置き換えていく準備を整えていると説明しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン