サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】ハイブリッドシステムに東芝製LiB採用

ここから本文です
三菱自動車は、新型軽スーパーハイトワゴン『eKクロス スペース/eKスペース』のハイブリッドシステムのバッテリーとして東芝が開発したリチウムイオン二次電池「SCiB」を採用。東芝はマレリの回生蓄電池システムを通じて製品供給を行う。

eKクロス スペース/eKスペースの全グレードに搭載されるハイブリッドシステムは、減速時の運動エネルギーで発電した電気をSCiBに充電。蓄えた電気で電動モーターを回転させ、エンジンの補助駆動力に使用したり、アイドリングストップなどに再利用してガソリンを節約する。

おすすめのニュース

サイトトップへ