サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「カローラ」フル装備の価格が凄い!? 驚きの超豪華仕様とは

ここから本文です

トヨタ新型「カローラ」フル装備の価格が凄い!? 驚きの超豪華仕様とは

■トヨタ「カローラ」をフル装備するといくらになる?

 トヨタ「カローラ」は、初代モデルが1966年に登場したロングセラーモデルです。2019年9月にはセダンとステーションワゴン(カローラツーリング)がフルモデルチェンジを受け、ハッチバック(カローラスポーツ)も含め12代目モデルとなりました。

SUV風トヨタ「カローラ」発表! 新型「カローラトレック」は車高アップで走破性向上

 販売期間が長いことから、多くの人に親しまれるモデルとなっていますが、最上級グレードの価格は300万円近い設定で、車格が上となるモデルの価格帯にも迫ります。カローラの最上級グレードに、メーカーオプションをフル装備すると、果たしていくらになるのでしょうか。

 12代目カローラのラインナップは前述のとおりカローラ、カローラツーリング、カローラスポーツの3種類で、このうちもっとも車両価格(消費税込、以下同様)が高いグレードはカローラツーリングの「HYBRID W×B E-Four」(299万7500円)です。

 今回は、このグレードに装着可能なメーカーオプションをすべて装着していきます。

 装着できるメーカーオプションにはさまざまなものがありますが、なかでも車内の雰囲気を変化させるものに「ディスプレイオーディオ 9インチディスプレイ、6スピーカー」があります。

 標準装着されるディスプレイオーディオの画面サイズは7インチですが、より大型のディスプレイが装着されることで視認性が向上し、内装のアクセントにもなります。オプション価格は2万8600円です。

 また、リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]も安全性を向上させる観点から装着したいメーカーオプションです。

 駐車場などでの後退時に、自車の左右後方から接近する車両を検知。衝突のおそれがあると判断されるとブレーキ制御がおこなわれ、事故を未然に防ぎます。ブラインドスポットモニター[BSM]とのセットで6万6000円です。

※ ※ ※

 今回、装備したメーカーオプションは、前出のふたつを含めて全12点です。そして、ディーラーオプションとしてよく装着されるフロアマットとETC2.0車載器をあわせると、オプション装着品の一覧は次のようになります。

●メーカーオプション(総額:34万6500円)

・有償ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(3万3000円)

・有償内装色:ブラック シート色ホワイト(合成皮革+レザテック)+ステアリングヒーター、シートヒーター(2万8600円)

・ディスプレイオーディオ 9インチディスプレイ、6スピーカー(2万8600円)

・ルーフレール ダークグレーメタリック塗装(3万3000円)

・アクセサリーコンセント AC100V・1500W/コンセント2個[センターコンソール後側・ラゲージ]/非常時給電システム付(4万4000円)

・イルミネーテッドエントリーシステム フロントコンソールトレイ・フロントカップホルダーランプ(LED)(1万3200円)

・ブラインドスポットモニター[BSM]+リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)](6万6000円)

・LEDリヤフォグランプ(右側のみ)(1万1000円)

・エアクリーンモニター「ナノイー」(1万4300円)

・カラーヘッドアップディスプレイ(4万4000円)

・おくだけ充電(1万3200円)

・寒冷地仕様(1万7600円)

●ディーラーオプション(総額:5万4142円)

・ETC2.0ユニット ビルトイン・ボイスタイプ(2万5542円)

・フロアマット W×B専用タイプ(2万8600円)

※ ※ ※

 以上のオプションを装着したカローラツーリング「HYBRID W×B E-Four」の車両価格は、339万8142円となります。

■「カローラスポーツ」はさらに凄い!? 趣味性の高いオプションがずらり

 メーカーオプションを装着しない場合でもっとも車両価格が高いグレードは、前出のカローラツーリング「HYBRID W×B E-Four」ですが、メーカーオプションをフル装備という条件で比較すると、じつはハッチバックのカローラスポーツのほうが高くなります。

 カローラスポーツの最上級グレードは「HYBRID G Z」(282万4800円)ですが、より高額なメーカーオプションが多く設定されていることから、最終的な価格は高くなるのです。

 まず、外装の有償色について、カローラツーリングではモノトーンカラーのみの設定で3万3000円が最高額となっていましたが、カローラスポーツでは2トーンカラーを選択することができます。

 2トーンカラーは全3パターンの設定で、5万5000円から9万9000円の設定。今回はもっとも価格が高いアティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII(9万9000円)を選択します。

 また、内装の色や仕様においても、シートが本革+ウルトラスエード(17万8750円)という高額な仕様を選択できるほか、AVS(11万円)という、路面の状態や運転操作に応じてショックアブソーバーの減衰力を4輪独立で制御する装備も装着可能です。

※ ※ ※

 装着可能なメーカーオプションと、ディーラーオプションの定番品として挙げられるフロアマットとETC2.0車載器をあわせたオプション品一覧は次のとおりです。

●メーカーオプション(総額:64万1850円)

・有償ボディカラー:アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII(9万9000円)

・有償内装色:センシャルレッド 本革+ウルトラスエード 電動ランバーサポート、シートヒーター、運転席シートバックポケット(17万8750円)

・イルミネーテッドエントリーシステム フロントドアトリム・フロントコンソールトレイ・フロントカップホルダー(1万1000円)

・カラーヘッドアップディスプレイ(4万4000円)

・ディスプレイオーディオ 9インチディスプレイ、6スピーカー(2万8600円)

・アクセサリーコンセント AC100V・1500W/コンセント2個[センターコンソール後側・ラゲージ]/非常時給電システム付(5万2800円)

・AVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム・11万円)

・ブラインドスポットモニター[BSM]+リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)](6万6000円)

・LEDリヤフォグランプ(1万1000円)

・おくだけ充電(1万3200円)

・寒冷地仕様(2万7500円)

●ディーラーオプション(総額:4万6442円)

・ETC2.0ユニット ビルトイン・ボイスタイプ(2万5542円)

・フロアマット W×B専用タイプ(2万900円)

※ ※ ※

 これらのオプションを装着したカローラスポーツ「HYBRID G Z」の価格は、351万3092円となりました。

 走行性能に寄与するAVSや、2トーンカラーや本革シートが選べる点など、カローラツーリングと比べて趣味性の高いオプションが多く設定されていることが特徴です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します