サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フランスGP FP1:ボッタスが首位。レッドブル・ホンダは3&4番手、角田裕毅は10番手につける

ここから本文です
 2021年F1第7戦フランスGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは4番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは8番手、角田裕毅は10番手となっている。

 第5戦モナコGP、第6戦アゼルバイジャンGPに続いて、フランスGPが2年ぶりに開催される。フランスは新型コロナウイルスの押さえ込みが比較的うまくいっており、この日曜日から夜間外出禁止令も解除される。屋外イベントの規制も緩み、今週末のフランスGPも1日15000人の観客を受け入れる予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン