サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ吉野元社長が死去---初の量産FCV投入

ここから本文です

ホンダの元社長の吉野浩行氏が2022年4月1日に死去した。享年82歳だった。

吉野氏は1963年にホンダに入社し、本田技術研究所の社長となって技術部門のトップとなり、当時のダイムラーとクライスラーが合併するなど、自動車業界の世界的な再編が加速していた1998年にホンダの社長に就任した。

海外事業を強化して柔軟な生産体質への改革を推進したほか、2002年には環境対応車の先駆けとして燃料電池車『FCX』を日米同日納車した。さらに、人間型ロボット「ASIMO」の開発にも注力した。

おすすめのニュース

サイトトップへ