サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】エントリー台数34の“戦国時代”……1991年シーズンのF1を彩った6つの無得点チーム:前編

ここから本文です
 1991年シーズンのF1では、実に18ものチームから34台のマシンがエントリーリストに名を連ねた。しかし決勝のグリッドに並べるのは26台。戦闘力、資金力に乏しい下位チームにとって、決勝進出のハードルは高かった。

 まず最初のハードルとなるのが金曜午前に設けられた予備予選。事前に参加を義務付けられている8台のマシンがまだ冷たく汚れた路面の上を走り、タイム上位の4台が予選を戦う権利を得る。ただ30台で競われる予選でも4台のマシンが脱落するため、予選に進んだからといって決勝に出られるという保証はない。

おすすめのニュース

サイトトップへ