サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自動車「ミニキャブ トラック」の一部改良を実施。安全・機能装備を充実

ここから本文です

三菱自動車「ミニキャブ トラック」の一部改良を実施。安全・機能装備を充実

三菱自動車「ミニキャブ トラック」の一部改良を実施。安全・機能装備を充実

三菱自動車は2021年8月26日、軽商用車「ミニキャブ トラック」の安全装備を充実せるなどの一部改良を実施。同日より全国の三菱自動車販売店で発売した。価格は90万8600~134万9700円。

今回の改良では、先進安全装備「e-Assist(運転支援機能)」やアクティブスタビリティコントロール[ASC]の標準装備グレードを拡大して、安全運転をサポート。また、農業などで使用するユーザーに人気の「みのり」に、新たに3速AT車を設定。先進安全装備「e-Assist」や強化リヤサスペンション(4枚リーフスプリング)を採用するなど、装備を充実させた。
 
 
具体的には、エクステリアでは、これまで上級グレードの「G」のみに採用していたメッキフロントガーニッシュを全グレードに採用した。
 
安全装備面では、「G」のみに標準装備だった先進安全装備「e-Assist」を「みのり」に標準装備して安全性を強化。これにより経済産業省や国土交通省が普及を推進する安全運転サポート車の「サポカーSワイド」に該当する。
 
また、「G」のみに標準装備としていた、横滑りを抑え、タイヤの空転を防止することで、走行時の車両安定性を向上させるアクティブスタビリティコントロール[ASC]を全車に標準装備化した。
 
このほか、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯するオートライトコントロールを全グレードに標準装備としたほか、坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み換えるときに、自動でブレーキを最大約2秒間保持するヒルスタートアシストを追加〈「M(5速MT車)」を除く〉。
 
機能装備面の改良については、「みのり」に強化リヤサスペンション(4枚リーフスプリング)を標準装備とすることで、積載時の安定性を高めた。
 
また、デフロック非装着車にぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDトラクションコントロール)を標準装備とし、泥ねい路などでの脱出性を高めた〈「G」と「みのり」の5速MT車を除く〉。
 
なお、ミニキャブ トラックはスズキ キャリイのOEM車で、今回の一部改良はキャリイの改良(2021年8月2日)に伴い実施されたものだ。
 
 

ヴェゼルの清涼感はここぞで使える。ヴェゼル×鈴木聖【それいけ!温泉ガール妄想記:第14回】

[価格]
〈2WD・660cc直3エンジン〉
M:3速AT…99万2200円、5速MT…90万8600円
 
〈4WD・660cc直3エンジン〉
G:3速AT…134万9700円、5速MT…126万6100円
みのり:3速AT…123万2000円、5速MT…114万8400円
M:3速AT…114万4000円、5速MT…106万400円
 
 
三菱自動車

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します