サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)のリアシートの使い勝手はいかに?

ここから本文です

スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)のリアシートの使い勝手はいかに?

今回は、スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)のリアシート(後席)の使い勝手についてご紹介します。 2016年に製造・販売を終了してしまった3代目MRワゴンは、旧モデルよりも自分らしい空間を提 供するためにフルモデルチェンジされた1台です。現在でも、中古車で手に入れることができる3 代目MRワゴンですが、そのリアシートの使い勝手はどうなのでしょうか。 そんな3代目MRワゴンのリアシートの機能や使い勝手について、詳しく説明していきます。

スズキ 3代目MRワゴンとはどんなクルマ?

一般のドライバーに聞いた!スズキ MRワゴンの口コミ(評価・評判)まとめ

2011年にスズキ 2代目MRワゴンをフルモデルチェンジする形で誕生したのが、スズキ3代目MR ワゴンです。
旧モデルまではターゲットを主婦層にしていました。しかし、3代目MRワゴンへのフルモデルチェンジとともに、初めてクルマを購入する若者層をターゲットに変更し、さまざまな装備や機能を見 直したスズキの軽自動車です。
ファッション感覚で乗りたくなるクルマを目指しただけあり、外観は丸みのある個性的な形をしています。ヘッドランプも半円モチーフとなっており、ひときわ個性に磨きをかけています。カラーバ リエーションは6色あるので、自分の好みに合わせて選ぶこともできるのです。
3代目MRワゴンは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,625mmと標準的な軽自動車サイズを しています。しかし、広々としたキャビンを実現するために採用されたロングルーフ・ロングキャビンにより、見た目以上に大きな車内空間を実現しています。
また、3代目MRワゴンのために開発 された新プラットフォームも、その車内空間の実現に大きく貢献しているのです。

スズキ 3代目MRワゴンのリアシートの特徴は?

では、スズキ 3代目MRワゴンのリアシートの特徴について説明していきましょう。
室内空間は2,120mmの室内長を誇っています。この広々とした室内長により、ゆったりとくつろ げる空間に仕上がっていることはもちろん、前席とリアシートの距離に余裕を持たせることに成功しました。また、リアシートは160mmスライド可能なスライドシートを採用しており、リアシートの空 間は十分確保されているのです。
リアシートにはリクライニング機構も設けられており、6段可変式になっています。軽自動車のリアシートでよく感じる、狭い、くつろげないを解消した造りとなっているのです。このリアシートはすべ て倒し切ることでラゲッジルーム(荷室)を広げることもできます。そのため、多少大きな荷物でも 載せやすくなっているのも特徴のひとつです。
また、リアシートの床面はほぼフラットであり、左右の移動もラクラクできる設計になっています。 乗車するときに気になるステップ高は345mmと低く設計されているため、乗り降りも非常にス ムーズにできるのです。ステップ高が低い分、車内の高さも確保されているため、見た目以上の 広さを実現できています。

スズキ 3代目MRワゴンはリアシート周辺の収納力!

スズキ 3代目MRワゴンのリアシート周辺にも特徴がたくさんあります。
3代目MRワゴンのコンセプトである自分らしい空間を作り出すために、リアシートはシートアレン ジしやすいダブルフォールディングリアシートを採用しています。このシートのおかげで、ワンアク ションでラゲッジルームがほぼフラットになるようになっています。
左右のシートが独立しているので、必要な方だけシートアレンジも可能です。また、助手席も倒し切ることで、2,120mmの室内長をフル活用してラゲッジルームとして利用できるのです。
リアシートの周辺には目立った収納機能はないものの、一体化できるラゲッジルームにはさまざ まな特徴があります。まず、ラゲッジルーム下側にはラゲッジアンダーボックスが装備されており、リアシートの床面にものを置く必要がないように設計されています。
また、左右スライド独立式のラゲッジボードも採用されているため、リアシートにものを置くことなく、広々したスペースを確保できるようになっているのです。
せっかく確保されたリアシートにものを置いてしまっては、フラットな床面や高い室内天井といった 特性が失われてしまいます。最大限にリアシートの乗り心地や乗り降りしやすくするために装備された機能もうれしいポイントですね。

今回は、スズキ 3代目MRワゴンのリアシートの使い勝手についてご紹介しました。
3代目MRワゴンは広い室内空間で実現できたゆとりあるリアシートを持ち、それを活かすための 周辺の工夫も凝らされている1台です。初めてクルマを持つ若者向けのコンセプトですが、日常 の買い物でよくクルマを使う人にもおすすめできる軽自動車と言えるでしょう。
中古車でも手に入る3代目MRワゴンを、この機会にぜひ購入の検討候補に入れてみてはいか がでしょうか。
※ 2021年4月現在

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します