サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 内陸で発生した霧が河口から海へと流れ出していく(愛媛県 肱川あらし)【雲海ドライブ&スポット Spot 75】

ここから本文です
風にあおられた霧が町を呑み込み幻想的な眺め

肱川あらしとは、上流の大洲盆地で発生した大量の霧が冷気を伴って肱川を下り、河口から海へと一気に流れ出すという珍しい現象。内陸の大洲盆地と伊予灘に面した長浜町の気温差が原因とされ、例年10月頃から3月頃まで、良く晴れた日の早朝に発生する。この肱川あらしを見るには、河口近くの小高い山の上ある肱川あらし展望公園がお勧め。風にあおられた霧が町を呑み込み、うねりながら海へと流れていく様はまさに幻想的。

おすすめのニュース

サイトトップへ