現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化、高級スポーツカー、旧車、コロナ禍で変わったクルマの楽しみ方

ここから本文です

電動化、高級スポーツカー、旧車、コロナ禍で変わったクルマの楽しみ方

掲載 2
電動化、高級スポーツカー、旧車、コロナ禍で変わったクルマの楽しみ方

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 ちょっと前の話になるが、今年4月に幕張メッセで開催されたクルマのイベント「オートモビルカウンシル 2022」を訪れた。今回で7回目を迎える同イベントだが、「我が国に成熟した自動車文化を創成する」というコンセプトのもと、自動車メーカー、インポーター、クラシックカー販売店、自動車関連部品やグッズ販売店やギャラリーなどが多数出展していた。

F1マシンのコンセプトやテクノロジーを採用した公道走行可能なハイパーカー、アストンマーティン「ヴァルキリー」の第1号車が完成

 その時に、印象に残っている展示を紹介したい。幕張メッセのホール10の渡り廊下から展示場に降りていき、パネルや大きなオブジェなどを使って見応えのある訴求していたのが、ホンダ「シビック」の50周年展示だ。1972年型の初代「シビック」と1984年のレースに出場していたチームヤマト・シビック。以前、ツインリンクもてぎにあるホンダ・コレクションホールに展示されていたのは、モスグリーンの4ドア「シビック」だったが、今回、幕張に展示されたのは白の2ドア。2ドアのほうがシンプルだし「シビック」らしくてカッコいい。

 その隣のブースにずらりと並んでいたのが歴代の日産「フェアレディZ」。いよいよ今年、日本でも発売が開始される新型「フェアレディZ」を筆頭に、歴代の「Z」が並ぶ様子は圧巻だった。オレンジと黒の新型「Z」は、歴代「Z」の特徴を取り込みながら、モダンな雰囲気を出すことに成功しているように感じた。しかし、4台を並べただけで他に何の演出や飾り付けなどがなかったのが、あまりに素っ気なくて、もったいなかった。その隣で、ポルシェがうまく展示しながらテーマを伝えていたから尚更そう感じたのかもしれない。

 ポルシェは、手前から最新のEV(電気自動車)の「タイカン」、「911カレラ4GTS」、1980年代型「911SC」、1973年型「911カレラRS2.7」と4台を展示。「タイカン」の手前にコンセプトカーを1台展示して、「過去から現代、そして未来へ」と時間軸を追って、歴代ポルシェを表現する予定だったらしい。また、背後のガラスケースにはクラシックカーのパーツも展示されていて、近年、活発化しているポルシェのクラシックカーへの対応の充実ぶりをアピールしていた。

 ポルシェの右隣はマツダだ。マツダは例年、このイベントで積極的な展示を行なっている。今年は、モータースポーツへの取り組みを展示していた。1968年のマラソン・デ・ラ・ルート仕様の「コスモスポーツ」、1969年のレース仕様の「ファミリア・プレスト・ロータリークーペ」、そして、初公開の「マツダスピリット・レーシング・ロードスター」などが注目を集めていた。

 マツダの右隣りはプジョー。発表したての「308」が主役で、「308」に連なるプジョーコンパクトの「306 S16」や昔懐かしい「205GTI」なども並べられていた。

 トヨタは新型車ではなくて、今秋にオープン予定の富士スピードウェイのホテル&ミュージアムの説明だった。ミュージアム屋上テラスからは最終コーナーを見下ろせるのでスピードウェイに入場しなくても観戦できるというマル秘情報を関係者から教わった。ミュージアムはレーシングカーを常時40台ほど展示し、それとは別に企画展も行うというから今から楽しみだ。

 マクラーレンは「ウチはみなさんと違って新しいメーカーですから(歴史を展示せずに)」(代表者氏)と、最新の「720Sスパイダー」と日本初公開となる「アルトゥーラ」を出展した。

 フェラーリも日本初公開の「296GTB」と「488」を展示。「296GTB」は3.0ℓ、V6エンジン+モーターのPHEV(プラグインハイブリッド)なので、展示でもコードをつないでそれを明らかにしていた。「アルトゥーラ」もV6エンジン+モーターのPHEVだが、スーパーカーの世界にも電動化の波が押し寄せてきているのを肌で感じる。



 電動化と言えば、日本に再上陸した韓国のヒョンデのEV(電気自動車)「IONIQ 5」も人気を集め、人だかりが絶えなかった。また、マセラティは1970年代のスーパーカー「ボーラ」と最新の「MC20」を出展した。

 クラシックカーへ意欲的に取り組んでいる自動車メーカーやインポーターなど少しづつ増えてきているように受け止められた。“新車を販売することが使命なのだけれども、その新車というのはかつてのクラシックカーの延長線上にあるものなのだ”と主張しているように見えた。それがヘリテージというものだし、ブランドということだろう。

 多くのクラシックカー販売業者も売り物であるクルマを持ち込んでいた。どれも魅力的だけれども、プライスタグを見ると、昨今の価格高騰を如実に示していた。

 特別な例かもしれないが象徴的だったのは、「アルヴィス」だ。アルヴィスというのは、かつて同名のクルマの製造を終了したイギリスの自動車メーカーだったが、新車として製造販売される“コンティニュエーションシリーズ”は、当時のデザインのままに新たに組み上げ、現代の排ガス規制などにも適合されている。



 同じ考え方によるコンティニュエーションシリーズは、ベントレーやジャガーなどでも作られており、今後、追随するメーカーが現れるかもしれない。

 主催者による展示では、1976年の日本のスーパーカーブームの頃に花形だった、ランボルギーニ「カウンタック」「ミウラ」、フェラーリ「356GTB4」、デトマソ・パンテーラなどと、1980年代後半から90年代前半にかけてのDTM(ドイツツーリングカー選手権)のレーシングカーが披露されていた。



 会場ではクラシック音楽の生演奏が聴けるのも特徴を出して成功している。クルマのイベントというと、どうしても派手なEDM系のものを大音量で流したりする(それはそれで良いけれども)ものがあったりするけれども、落ち着いたクラシックを流すのはイベントに合っているし、心地良い。ジャズも良いだろう。

 現代アートのギャラリーやテーラー、書籍、アパレルなども多数出展していた。毎年出展している業者もあり、来場者に定着しているのだろう。

 オートモビルカウンシルは、昨年、コロナで中止となった東京モーターショーを筆頭とする従来型のクルマのイベントの良いアンチテーゼになっている。クルマのイベントだからといって、新車ばかり並んでいるわけではないし、クルマしか楽しめないわけでもない。楽しみ方の幅が広く、大人っぽい。

 電動化や自動化などで、クルマというものが大きく変わっていこうとしている時代だからこそ、楽しみのためのクルマやクルマと一緒に楽しみたいものを提示してくれている。これからのクルマのイベントの可能性を示していて、会場にいるとあっという間に時間が過ぎていった。

■関連情報
https://automobile-council.com/events/ac2022/

文/金子浩久(モータージャーナリスト)

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
AUTOSPORT web
チャリを邪魔してるんじゃないのマジで!! じつはドライバーの義務! 自転車に乗る人に知ってほしい左折時のクルマの左寄せ
チャリを邪魔してるんじゃないのマジで!! じつはドライバーの義務! 自転車に乗る人に知ってほしい左折時のクルマの左寄せ
ベストカーWeb
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
ベストカーWeb
ポルシェ911 詳細データテスト MT+NAの快感 公道志向の足回り 遮音性はやや改善の余地あり
ポルシェ911 詳細データテスト MT+NAの快感 公道志向の足回り 遮音性はやや改善の余地あり
AUTOCAR JAPAN
弾丸ヨーロッパ博物館ツアー!「天国」はトヨタ「2000GT」と70年代フェラーリF1…「地獄」は以前と代わり映えしない展示、その落差も旅の醍醐味!
弾丸ヨーロッパ博物館ツアー!「天国」はトヨタ「2000GT」と70年代フェラーリF1…「地獄」は以前と代わり映えしない展示、その落差も旅の醍醐味!
Auto Messe Web
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
山本尚貴が母校の作新学院へ3度目の訪問。整備士を目指す高校生への特別授業でレース業界への思いを語る
山本尚貴が母校の作新学院へ3度目の訪問。整備士を目指す高校生への特別授業でレース業界への思いを語る
AUTOSPORT web
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
AUTOCAR JAPAN
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
AUTOCAR JAPAN
サーキット走行だけで4.5万キロも走破! アラフィフ男性がバイクから乗り換えて楽しんでいるトヨタ「86」のライトチューンメニューとは
サーキット走行だけで4.5万キロも走破! アラフィフ男性がバイクから乗り換えて楽しんでいるトヨタ「86」のライトチューンメニューとは
Auto Messe Web
1980年代の「ミニ・クーパー」 シトロエン・ビザ・トロフィー(2) クサラ WRCやC4 WRCの祖先
1980年代の「ミニ・クーパー」 シトロエン・ビザ・トロフィー(2) クサラ WRCやC4 WRCの祖先
AUTOCAR JAPAN
あまり「速くない」グループBマシン シトロエン・ビザ・トロフィー(1) NAの1219cc 4気筒は104ps
あまり「速くない」グループBマシン シトロエン・ビザ・トロフィー(1) NAの1219cc 4気筒は104ps
AUTOCAR JAPAN
米ミズーリ州保安官 “UFO”を呼び止める怪現象に遭遇「この世のものとは思えませんでした」
米ミズーリ州保安官 “UFO”を呼び止める怪現象に遭遇「この世のものとは思えませんでした」
乗りものニュース
ホンダの「新コンパクトミニバン」公道での印象は? 新型「フリード」の走りは“本気”を感じる! ふたつの個性「エアー」と「クロスター」の違いとは?
ホンダの「新コンパクトミニバン」公道での印象は? 新型「フリード」の走りは“本気”を感じる! ふたつの個性「エアー」と「クロスター」の違いとは?
VAGUE

みんなのコメント

2件
  • 定年退職したオッさんが昔を懐かしんで安い古い国産スポーツカー買うならまだしも、
    現役のコゾーがハチロク やシルビア欲しがるってまともな市場じゃないな。
    32.33.34 GT-Rも絶対おかしな状況だし。

    改造フォグのアホファードに乗って煽り運転するのがブームってかなりヤバいだろ。
  • スポーツタイプの車を定期的に買い替えるのだけが人生の楽しみだったのに高くなりすぎもうできない
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村