サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】30万台規模 三菱eKシリーズ、日産ルークスのエンジンECUに不具合

ここから本文です

【リコール】30万台規模 三菱eKシリーズ、日産ルークスのエンジンECUに不具合

三菱は2021年5月27日、軽自動車のeKシリーズ、日産ルークスのエンジンECUに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合情報は39件の市場からの報告によるもので、エンジン制御コンピューター(ECU)の制御プログラムが不適切なため、幾つかの条件が重なった状況でエンジンからブレーキ倍力装置への負圧供給が遅れる場合があるというものです。

【リコール】三菱eKスペース、日産ルークスの電装に不具合

そのため、最悪の場合、強い制動力が必要な場合に、通常より大きなブレーキ踏力が必要となり、想定よりも制動停止距離が長くなる恐れがあります。

対策は該当車両のエンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替えることになります。

該当車両は2019年3月~2021年3月の間に生産された、三菱eK、eKスペース、日産デイズ、ルークスの4車種で、合計30万2097台です。

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します