サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1スペインFP1:総合力問われるカタルニア、ボッタス首位も僅差でフェルスタッペン続く。角田裕毅11番手

ここから本文です
 F1第4戦スペインGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを抑えてセッション首位となった。

 今回の舞台はバルセロナのカタルニア・サーキット。様々なタイプのコーナーを備え、マシンの総合力が試されるコースだ。今季は例外的にバーレーンでプレシーズンテストが行なわれたが、近年プレシーズンテストが開催されてきたサーキットでもあり、各チームは豊富な走行データを持っているだけに、シーズン序盤の勢力図がよりはっきりと見えてくる可能性があるグランプリだと言える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン