サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「筑波59秒を目指す空力重視のGRスープラ」エアロパーツメーカーが本気になった!

ここから本文です

保安基準適合で速さを引き出すエアロチューニング

メーカーの威信を賭けて筑波サーキットに挑む!

「チューニング界に一石を投じた魔改造シルビア」エンジン半分が室内に入り込んでる!?【OPTION back number】

保安基準や厳格なレギュレーションの中で、最大限のパフォーマンスを引き出すことが求められるスーパー耐久での使用を意識した、イングスのNスペックシリーズ。

GRスープラでもS耐参戦車両への供給が決まり、それに合わせて速さに直結する機能性重視のエアロ開発を急ピッチで進めてきた。その本気度は半端じゃない。なんと、三重大学にデモカーを持ち込んで風洞実験を実施。その結果を元に、試作エアロの形状をリメイクしたほどなのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ