サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 販売現場は「困る」 なぜ各メーカーから基幹車種が次々廃止に? 生産終了の裏にある事情とは

ここから本文です

販売現場は「困る」 なぜ各メーカーから基幹車種が次々廃止に? 生産終了の裏にある事情とは

■惜しいモデルが続々終了…車種廃止による影響は?

 最近は車種の廃止が続いています。直近では、ホンダ「シビックセダン」「グレイス」「ジェイド」の廃止が決まりました。レクサスは「GS」、日産は「キューブ」と「ティアナ」が終了となります。

なぜホンダの技術はマネされない? 他社が採用しない理由

 シビックセダンやGS、キューブは、いずれも各メーカーやブランドを代表する基幹車種で、廃止には疑問も感じます。

 メーカーや販売店に廃止の理由をたずねると、「市場戦略に基づく」という返答が多いです。

 たとえばホンダの場合、前述の車種を廃止しても、ほかの商品で需要を補えると考えています。

 シビックセダンは「シビックハッチバック」、グレイスは「フィット」、ジェイドは「フリード」がカバーします。

 レクサスGSも同様です。2018年にレクサス「ES」が導入されたときから、販売店では「ESを発売した代わりにGSを廃止する可能性が高い」という話が聞かれました。

 ところが販売店では「車種の廃止は困る」という意見も根強いのです。

 ホンダの販売店では「グレイスは、いまでは数少ない5ナンバーサイズのセダンであるということから、社用車として使う法人のお客さまに好まれています。たくさん売れるクルマではありませんが、確実に乗り替えて頂けるから廃止は惜しいです」といいます。

 日産の販売店スタッフは「キューブは背の高いコンパクトカーで、売れ筋カテゴリですから、以前は好調に売れました。特別仕様車が追加されると販売が伸びたものです。

 しかし、キューブには衝突被害軽減ブレーキが装着されていないことから、購入を諦めるお客さまもおられましたが、改善を加えれば今後も売り続けられるでしょう」と指摘します。

 日産はキューブの前に「ティーダ」も廃止したので、以前に比べるとコンパクトカーの品ぞろえが大幅に減りました。

 販売店によると「『ノート』はベーシックなコンパクトカーなので、上質なティーダや車内の広いキューブの代わりにはなりにくいです」と説明します。

 レクサスの販売店スタッフからは、次のような話もあります。

「『LS』は、現行型でボディを大幅に拡大しました。そのためにマンションに住んでいる先代LSのお客さまからは、現行型に乗り替えると車庫に入らないという話も聞きます。

 そこでボディが先代LSよりもコンパクトで、なおかつ車内は現行LSと同等に広いESを推奨していますが、駆動方式は前輪駆動です。後輪駆動が好きなお客さまは、メルセデス・ベンツ『Eクラス』などに乗り替えることもあります」

 車種を減らすと、ほかのクルマでカバーするのは、現実的には難しいです。どの車種も役割を持って開発されたので、簡単に廃止はできません。

 それなのに廃止するのは、ほかの車種で補える余剰な商品だからではなく、車種を減らして合理化するためです。

■マツダはなぜミニバンを廃止? 合理化ではない別の事情とは

 メーカーの商品開発に対する方針が変わり、車種を廃止することもあります。

 分かりやすいのは、マツダがミニバンの「プレマシー」や「ビアンテ」、車内の広いコンパクトカーの「ベリーサ」などを廃止したことでしょう。

 シビックセダンなどとは異なり、プレマシーやビアンテを現在のマツダ車のラインナップで補うことはできません。

 最近のマツダは、魂動デザインとスカイアクティブ技術に基づき、運転の楽しさを重視した商品開発をおこなっています。

 重心の高いプレマシー/ビアンテ/ベリーサは、この方針に適さないために廃止されました。

 背の高いクルマはSUVが限界で、ボディをワイド化して走行安定性の悪化を防いでいます。SUVは人気のカテゴリなので、背が高くても無視することはできなかったのでしょう。

 それでも車種の廃止は残念です。最終型プレマシーの後期型には、いまのマツダ車の開発コンセプトが盛り込まれており、スライドドアを装着したミニバンでありながら、優れた走行安定性と運転の楽しさを備えていました。

 現在のクリーンディーゼルターボ、6速タイプのATとMT、熟成されたプラットフォームを使えば、世界最高峰のミニバンを開発できるでしょう。

 このように見てくると、まずは車種を生かす発想が重要になりそうです。

 たとえばグレイスは、フィットのプラットフォームを使うことで、運転しやすい5ナンバーセダンながら居住空間はシビックと同等に広かったです。

 乗り心地はフィットよりも快適で、運転すると優れた商品であることに気付きました。逆にいえば、グレイスの良さは乗らないと分かりません。

 5ナンバーサイズのセダンを求める高年齢層や法人を視野に入れ、もっと効果的な販売促進をすべきでした。

 GSは、LSのボディサイズが大幅に拡大されたのを受けて、もっと早く手を打てば良かったでしょう。

 GSの商品構成は「IS」に似ていましたが、「GS F」の5リッターV型8気筒エンジンを生かせば、3.5リッターツインターボのLSを超えるシックな高性能&高級セダンに仕上げることもできました。

 以前のGSは、ISとLSの間に挟まれて存在感が弱かったです。しかしLSがメルセデス・ベンツ「Sクラス」のロングボディ並みに拡大されたいまでは、話が違います。

 GSの後輪駆動を生かした商品開発をおこない、ESとの違いも明確にすれば、LSの拡大で行き場を失ったユーザーを効果的に受け止められます。GSとESのサイズは似ていますが、性格を個性化すれば共存は可能でしょう。

 キューブは絶対にフルモデルチェンジすべきです。

 トヨタの「ルーミー/タンク」は、トヨタ車のユーザーが背の高い軽自動車に流出するのを防ぐことも考えて、約2年の短期間で開発されました。そのために造りの粗さも目立ちますが、売れ行きは好調です。

 ルーミー/タンクよりも上質な新型キューブを待っているユーザーも多いでしょう。今後も小さなクルマに乗り替えるダウンサイジング需要が続くので、キューブの後継車種を新開発すべきです。

※ ※ ※

 車種の廃止が続く理由は、ユーザーや市場の変化というより、コストを抑えたいメーカーの事情に基づきます。

 ユーザーの不便に繋がらないよう、廃止する前に入念なテコ入れをすべきです。

 商品を愛用しているユーザーのために、また開発や販売に力を注いだメーカーと販売会社のためにも、車種の廃止は最終的な苦渋の選択とすべきです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します