サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、半導体不足で国内生産拠点の操業を停止…1月15日・16日

ここから本文です

SUBARU(スバル)は、世界的な半導体不足の影響により、群馬製作所および大泉工場の操業を1月15日・16日の2日間、停止すると発表した。

操業停止となるのは、『レヴォーグ』『インプレッサ』『XV』などを製造する群馬製作所本工場および矢島工場(完成車工場)、エンジン・トランスミッションを製造する大泉工場。

ここのところ、車両制御システムなどに用いる半導体が世界的に不足している。

おすすめのニュース

サイトトップへ