現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 悲しいがまもなく「絶版」の可能性あり! 買うなら「今のうち」の国産車6選

ここから本文です

悲しいがまもなく「絶版」の可能性あり! 買うなら「今のうち」の国産車6選

掲載 更新 65
悲しいがまもなく「絶版」の可能性あり! 買うなら「今のうち」の国産車6選

 同メーカー内でキャラがバッティングしているクルマは難しい!

 最近ホンダのグレイスとシビックセダン、ジェイドが近々生産終了となることが明らかになった。日本車のラインアップを見ると販売台数や登場時期などから「そろそろなくなるのではないか」と感じるクルマも少なくない。そんなクルマをピックアップすると同時に、筆者の主観でその将来を考えてみよう。

新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選

■ホンダ

 1)クラリティPHEV

 クラリティPHEVは日本でもリース販売される燃料電池車のクラリティフューエルセルのプラグインハイブリッド版となる、ビッグエコセダンである。燃費やEV走行距離の長さなど内容は悪くないが、補助金を使っても約575万円という価格の高さが致命的となっており、日本での販売も毎月1桁と超低空飛行が続いている。

 今後はクラリティPHEVより、SUVである点をはじめ内容がずっと充実しているのに価格は高くないトヨタRAV4 PHVの登場により、さらに立場が悪くなるのは確実なのもあり、遠くないうちに生産終了となるだろう。

■スズキ

 2)バレーノ

 VWポロやルノー・ルーテシアと同様に3ナンバー幅となる、日本車のコンパクトカーとしては大きいボディサイズを持つモデルで、インド製となる。バレーノは各部のクオリティの低さ以上に存在感の薄さが決定的な弱点となっており、日本ではまったく売れていない。「なくても困らない」というのが率直なだけに、絶版となるのが確実だ。

 3)イグニス

 プチバンのソリオやクロスオーバーSUVのクロスビーと同じプラットホームを使う小さめのコンパクトカーで、若干クロスオーバーの要素を持つ。見た目は異なるが、クロスオーバーという時点でクロスビーとバッティングするだけに、イグニスにあるマイルドハイブリッドを1リッターターボのみとなっているクロスビーに追加して、クロスビーと統合すれば問題ないように感じる。

 しかしスズキはそれぞれハンガリー製の輸入車となるエスクードやSX4 Sクロスを売れていないにも関わらず継続するなど、いい意味での頑固さもあるので、イグニスが当面継続される可能性も十分ある。

 人気が高くても燃費規制で存続できない車種も!

■スバル

 4)BRZ

 トヨタ86のスバル版となる2012年登場のFR2ドアクーペ。クルマ自体の魅力は未だにほとんど色褪せていないが、日本では20.6km/Lという企業別平均燃費規制との兼ね合いで実用燃費はともかくカタログ燃費がよくないBRZは、すでに東京スバルのウェブサイトで7月20日をもってのオーダーストップが掲載されている。そのため新車の現行BRZが欲しいなら今すぐにでもオーダーするべきだ。

 なお遠くないうちに登場するといわれる新型BRZに関しては「日本で86は販売されるが、BRZは果たして?」という一部スクープもある。

 5)WRX S4

 昨年生産終了となったEJ20エンジンを搭載するWRX STIと同じボディに、2リッター直噴ターボ+CVTというパワートレインを搭載する間口の広いスポーツセダン。WRX S4もほどよいスポーツ性やアイサイトを搭載する点など、魅力はまったく色褪せてない。

 しかしWRX S4のウェブサイトに「標準グレードとなるGTとGT-Sはすでにオーダーストップ」と記載されており、今買えるのはSTIスポーツと500台限定のSTIスポーツ♯だけとなっている。

 さらにWRX S4もカタログ燃費がBRZ並みということもあり企業別平均燃費規制との兼ね合いで、遠くないうちに絶版となるのが確実だ。こちらも新車が欲しいなら早めにオーダーするべきだ。

■ダイハツ

 6)ウエイク

 ウエイクは同社のタントに代表されるスーパーハイトワゴン以上に高い全高を持つモデルとして2014年に登場した。全高が高い分頭上に物を置くスペースがあるなどのメリットは確かにあるが、それ以上に走行安定性や燃費の悪化といったデメリットが大きいのに加え、「スペースが欲しいならいっそ軽1BOXカーのほうが広い」というのも事実で、販売は低迷中だ。

 今後に関してはモデルチェンジの噂すら聞かず、一代限りで絶版となる可能性が高い。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

KINTO サブスクラインアップにPHEV追加!クラウン(スポーツ)、プリウスなど4車種
KINTO サブスクラインアップにPHEV追加!クラウン(スポーツ)、プリウスなど4車種
グーネット
スバル「BRZ」改良モデル MT専用「SPORTモード」新採用でアクセルコントロール性向上
スバル「BRZ」改良モデル MT専用「SPORTモード」新採用でアクセルコントロール性向上
グーネット
若者は“クルマ離れ”していない?カーシェアの実態から見えた“乗りたいキモチ” HMS調査
若者は“クルマ離れ”していない?カーシェアの実態から見えた“乗りたいキモチ” HMS調査
グーネット
ベントレー 新型「コンチネンタルGTスピード」英グッドウッドで初公開【動画あり】
ベントレー 新型「コンチネンタルGTスピード」英グッドウッドで初公開【動画あり】
グーネット
日常使いにぴったり!ランクル&ハイエース描いたデザイントート キャムショップ
日常使いにぴったり!ランクル&ハイエース描いたデザイントート キャムショップ
グーネット
[ヒール&トー]はもはや時代遅れ!? MT車のオートブリッピングはあり? 50代オジさんの正直レポート
[ヒール&トー]はもはや時代遅れ!? MT車のオートブリッピングはあり? 50代オジさんの正直レポート
ベストカーWeb
ニュル24時間の結果に対するローヴェの控訴が棄却。史上最短に終わったレースのウイナーが確定
ニュル24時間の結果に対するローヴェの控訴が棄却。史上最短に終わったレースのウイナーが確定
AUTOSPORT web
個人情報ダダ流しの心配あり!? 取り扱い注意!! 「ナンバープレート」の豆知識
個人情報ダダ流しの心配あり!? 取り扱い注意!! 「ナンバープレート」の豆知識
ベストカーWeb
パガーニが「イモラ ロードスター」と「ウアイラ エピトメ」を発表! 総勢6台で「グッドウッド FoS」に乗り込むにはワケがある!
パガーニが「イモラ ロードスター」と「ウアイラ エピトメ」を発表! 総勢6台で「グッドウッド FoS」に乗り込むにはワケがある!
Auto Messe Web
どんな要素で比べても「高得点」 ルノー・ルーテシア ベスト・コンパクト賞 AUTOCARアワード2024
どんな要素で比べても「高得点」 ルノー・ルーテシア ベスト・コンパクト賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
イギリスで技術面の進歩を確認したフェラーリF1。ポーパシングの原因を掴むも、次戦は”現行マシン”で対処か
イギリスで技術面の進歩を確認したフェラーリF1。ポーパシングの原因を掴むも、次戦は”現行マシン”で対処か
AUTOSPORT web
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
“惜しい戦い”が続くマクラーレン「トップ集団ではミスが露呈しやすくなる」とチームボス
“惜しい戦い”が続くマクラーレン「トップ集団ではミスが露呈しやすくなる」とチームボス
AUTOSPORT web
74式戦車よりも重いの!? “見た目トラックな”ロケットランチャー 裏には米国の影も
74式戦車よりも重いの!? “見た目トラックな”ロケットランチャー 裏には米国の影も
乗りものニュース
「家族でご飯食べただけなのに…」駐車料金がまさかの“超高額”に!?「つるの剛士」になぜ”悲劇“起きたのか
「家族でご飯食べただけなのに…」駐車料金がまさかの“超高額”に!?「つるの剛士」になぜ”悲劇“起きたのか
くるまのニュース
<新連載>[エンタメ環境向上計画]「ミラーリング」で映像系コンテンツを満喫!
<新連載>[エンタメ環境向上計画]「ミラーリング」で映像系コンテンツを満喫!
レスポンス
「チームとしてあまり競争力がなかった」リカルド、予選以上にレースで苦戦した原因を探す/F1第12戦
「チームとしてあまり競争力がなかった」リカルド、予選以上にレースで苦戦した原因を探す/F1第12戦
AUTOSPORT web
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

65件
  • アクアもなくなるんじゃない?
  • 流行りで右も左もSUV、別に山道走るわけじゃないのに。バレーノ みたいな車はある意味実用的だと思うけどなぁ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

46.8207.0万円

中古車を検索
イグニスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

46.8207.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村