サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、来季導入の18インチ新F1タイヤの開発進捗は順調「内部構造に関しては80~90%」

ここから本文です
 F1は2022年に、新たなテクニカルレギュレーションを導入する。これに合わせて、ホイールリム径が13インチから18インチに大径化。タイヤも低扁平化するため、ピレリおよび全F1チームはダウンフォース量を調整したミュールカーを用いて、新タイヤの開発テストを進めている。

 スペインGP後のカタルニア・サーキットでは、レッドブル及びアルファロメオ、アルピーヌがミュールカーで開発テストを行なった。なおアルピーヌはバーレーンでもテストを行なっており、今回が2回目のテストとなった。今後も各サーキットで各チームが開発テストを行なっていく予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ