サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT第6戦鈴鹿】地獄から天国へ。大逆転勝利の23号車ニスモ、松田次生「結果でみんなに感謝を伝えたかった」

ここから本文です
 穏やかな秋の日差しが降り注ぐ中戦われた2020年スーパーGT第6戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』。GT500クラスで優勝したのは#23 MOTUL AUTECH GT-R。前日の公式予選ではQ1を担当した松田次生がダンロップコーナーで大クラッシュ。幸いドライバーには大きなケガはなかったが、クルマは大破。NISMOが総出でクルマを直して臨んだ決勝だけに、まさに地獄から天国へ、というレースだった。

 優勝会見場に現れた松田は「今回は予選からクルマの調子が良くて、久々に行ける、と実感していました」と切り出した。

おすすめのニュース

サイトトップへ