サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カワサキW800×3モデルのラインナップ出揃う【スタンダードモデル発売】

ここから本文です

カワサキW800×3モデルのラインナップ出揃う【スタンダードモデル発売】

フロント19インチの本命STD登場!

いったんは生産終了となり、排ガス規制への対応とともにストリート/カフェの2本立てで’19年に復活したカワサキW800。そのラインナップのラストを飾るのは、’66年にデビューした元祖650-W1を彷彿とさせるデザインのスタンダードモデル・’20 W800だ。

【初公開】カワサキからのクリスマスプレゼントは4気筒の咆哮!! ニンジャZX-25Rのスクリーミンサウンドを震えて待て!

W800:最後に登場したスタンダードモデル

排ガス規制の影響により’16年7月のファイナルエディションで生産終了したW800が、W800ストリート/カフェとして’19年に復活したのは記憶に新しい。モダンさを増した一方で、従来通り往年のW1を思わせる、クラシカルな「W」を求めていたファンも多かった。

そんな声に応え、正統派と呼ぶべき無印のW800がデビューした。

メッキを多用したスタイルは、まさしく’66年にデビューした元祖650-W1がモチーフ。前後フェンダーやシルバーのバーチカルツインが眩しい。さらにストリート/カフェのF18インチに対し、19インチとすることで外観も走りもレトロ風に。ハンドルはストリートより低く、カフェより高い設定だ。

三車三様 細部にわたって装飾を変更

◆W800:前19インチ+クラシック装飾

フロント19インチに専用エンブレムなどメッキが特徴。パイプハンドルは、ストリートよりフラットなメッキ仕様だ。メーター文字盤は最もシンプルだ。

◆W800ストリート:前18インチ+モダン装飾

各部をブラックで仕上げ虚飾を廃したプレーン仕様。タンクとメーター文字盤にストライプが入る。ハンドルは、アップかつ手前の設定。

◆W800カフェ:前17インチ+カフェ装飾

ビキニカウルに低く構えたスワローハンドル、シングル風シートでカフェを体現した。シート高は右の2車より20mm高い。文字盤は唯一の白だ。

このバイクに関連する記事

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します