現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「AMG」「BMW M」「Audi Sport」の巧み過ぎるブランド戦略! 松竹梅の「竹」グレードの魅力とは?

ここから本文です

「AMG」「BMW M」「Audi Sport」の巧み過ぎるブランド戦略! 松竹梅の「竹」グレードの魅力とは?

掲載 更新 16
「AMG」「BMW M」「Audi Sport」の巧み過ぎるブランド戦略! 松竹梅の「竹」グレードの魅力とは?

GR・ニスモ・モデューロXの先駆け的存在

 近年、GRやNISMO、STIにモデューロXといった自動車メーカーのサブブランドが手掛けるパフォーマンスモデルが高い人気を集めている。日本でこうしたメーカー系コンプリートカーが誕生したのは1980年代後半のこと。だが、自動車先進国が揃うヨーロッパでは10年以上早い1970年代後半に登場。チューナーカスタマイズカーに至っては1960年代後半にすでにマーケットに投入されるなど、早くからビジネスとして確立している。

メーカーが手がけた「隠れキャラ」的改造車! ちょっとマイナーなコンプリートカー5選

 今回は欧州を代表するAMG/BMW M/アウディスポーツのワークスが手掛ける、今注目のAMG A35/M24Oi/S3を例に挙げ、各ブランドの展開を国産ワークスと比較して見ていくことにしよう。

AMGはメーカー直系ではなく独立系チューナーだった

 まずは各ブランドの成り立ちから。メルセデスAMG社はもともとは独立系チューナーで、1967年に創業した。ダイムラー・ベンツ社(現ダイムラー社)のメルセデス・ベンツ(以下メルセデス)ロードカーをチューニングしたカスタマイズカー販売や、レ―ス車両の開発を軸に展開する。1980年代には内外装まで手掛けた自社開発のコンプリ―トカーの販売やメルセデスへの部品供給を開始。1990年に入るとダイムラーとの関係性は強化(オフィシャルレーシングパートナー)され、1993年には初の共同開発車となるC36をリリースした。

 これが現在のAMGモデルの礎となり、1999年にメルセデスの一部門となり、2014年には『究極のハイパフォーマンスを追求するブランド』として現在まで続くメルセデスAMG社となる。メルセデスのサブブランドとしてBクラスを除く全車種にラインアップされている。

 BMW M社はBMW社の100%子会社『BMWモータースポーツ社』として1972年に設立された。モータースポーツ車両の生産、パーツ開発、研究、ドライバー育成がおもな業務であったが、1978年そのノウハウを生かしたオリジナルモデル『M1』の生産を開始した。その後はロードカーをベースにしたMシリーズを数多く販売。1993年には現在のBMW M社となっている。現在はカスタムオーダープランである『BMWインディビデュアル』も受け持っている。

 アウディスポーツは1983年にレースサポート、スペシャルモデルの開発・生産のために誕生したアウディの子会社『クワトロ社』がルーツだ。初のコンプリートモデルがWRC制覇のために開発されたアウディスポーツクワトロである。以後ロードカーは4WDのパフォーマンスモデルを企画・開発している。2016年にアウディスポーツ社へ社名変更し、サブブランドとしての立ち位置を明確化。現在はBMW M社同様にカスタマイズプログラムなども手掛けている。

3社のパフォーマンスモデルには明確なヒエラルキーが存在

 3社のパフォーマンスモデルに共通しているのは明確なヒエラルキーがあることだ。メルセデスは上からAMG、AMGスポーツパッケージ(AMGライン)。BMWはM、Mパフォーマンス、Mスポーツ。アウディはRS、S、Sラインパッケージが用意されている。

 トップモデルのAMG、M、RSの各シリーズは上記のワークスブランドが企画、開発し、車体トータルで磨き上げた高性能コンプリートモデルだ。GRならGRMN、STIでいえばSシリーズが近い。ただし、製造体制は各社異なり、Mが一部の特別なモデルを除き、すべてをBMWの生産ラインで製造(市販車との混成生産)するのに対して、AMGはエンジンのみ自社でチューニング。そのほか、パフォーマンスパーツを含めて納品し、メルセデスの生産ラインで組み上げる。RSは親会社の生産ラインではなく、アウディスポーツ社が独自に製造し、全車種4WD(Sモデル)なのも特徴だ。

 今回取り上げるAMG A35/M240i/S3はワークスコンプリート車両としては中間に位置するモデルだ。レ―ストラックまで視野に入れたトップモデルのAMG、M、RSの各シリーズほどパフォーマンスは必要ないが、ストリートで速く、気持ちよく走れるよう手掛けたスポーツモデルであることが共通。いずれもルックスはやや派手さを抑えつつ、幅広い層に受け入れられる量産グレードのハイエンドモデルとして仕上げられている。国産コンプリートカーでいえば、NISMOロードカーが近いかもしれない。ただし、トップモデルとの棲み分けは各社若干異なる。

自動車メーカーの生産ラインを使って高性能モデルを量産

 A35はハイパフォーマンスモデルのA45と同じくAMGが開発に関与するが、エンジンまで含めてメルセデスの工場で製造される点が異なる。これは、A35(C43、E53も含む)が2015年に、AMGとAMGスポーツパッケージの間を埋めるために登場したAMGスポーツを源流としているため。現在、同じAMGのなかにハイパフォーマンスモデルとエントリースポーツモデルが混在しているのだ。

 A35とA45で比較すると排気量が2Lターボ、駆動方式も4WDと同じだがエンジン型式は異なり、パフォーマンス(A35が306ps、A45が421ps)にも大きな差がある。A35はAMGのイメージを損なわず、その敷居を下げたモデルと言える。

 Mのあとに3桁の数字が並ぶMパフォーマンスモデルのM240iは、同カテゴリーのMシリーズ(M2)とは製造方法や車体だけでなく搭載されるエンジンも含めて共通性があるので、ベースモデルといってもあながち間違いではない。

 ただ、Mシリーズのようなコンプリートカー仕上げではなく、ノーマルの潜在能力を引き上げるトータルバランスを重視してM社がチューニングを施したモデルである。極限域で速く駆け抜けるために必要な電子デバイスなどのハイテクや、軽量パーツなどは省かれていることがクルマの性格を表している。M2コンペティションとは70psの差はあるが、3Lツインターボで340psは必要にして十分。程よいパフォーマンスが魅力だ(M2の新型が発表されていないため旧型にて比較)。

 アウディSシリーズはRSと異なり、量産メーカーの生産ラインを使って製造されるスポーツモデルなのは、ほかの2社と同じ。開発にワークス集団であるアウディスポーツは関与しておらず、あくまでもアウディのスポーツモデルという位置付けだ。エンジンも同クラスのRSシリーズと共通性はなく、S3とRS3で比較した場合、前者は2L直4ターボ(310ps)で、後者は2.5L直5ターボ(400ps)。性能だけでなく、スペックでも明確に差別化しているのが特徴である。パフォーマンスと実用性を両立させ、ゆとりのある高性能オールラウンダーな資質を持たせているのがSシリーズの真骨頂だ。

継続生産し国内外に名前を浸透させることが大事

 ちなみにブランドのボトムレンジとなるAMGスポーツパッケージ(現在はAMGラインに名称が変更)、Mスポーツ、Sラインパッケージは標準モデルのパッケージオプションだ。グッとスポーティに仕立てたエアロパーツやサス、ブレーキなどを投入した、ルックスと走りを磨き上げたモデル。GRではGRスポーツ、STIではSTIスポーツのような存在で、プレミアムブランドのテイストを味わいたいオーナー向けの入門モデルとなっている。

 日本のワークスの展開は今回取り上げたドイツプレミアム御三家のサブブランドをなぞり、目標としていることがラインアップやカスタマイズのプランを見てもよくわかる。20年前はサブブランドが単独で製造していため大量生産が難しかったが、現在は自動車メーカーとの協業に。そのため価格を抑えながら高性能なコンプリートカーを量産できる体制が整っている。国内のみならず、海外でもブランドが浸透してきたことは大きな意味を持つだろう。プレミアム性で御三家に並ぶのは難しいかもしれないが、まずは収益を上げて継続することが大切。そこから活路が見えてくるはずだ。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

世界初の市販ミッドシップスポーツカーを海外から購入!「クルマとは厄介な友達」という趣味人の愛車ルネ・ボネ「ジェット」とは?
世界初の市販ミッドシップスポーツカーを海外から購入!「クルマとは厄介な友達」という趣味人の愛車ルネ・ボネ「ジェット」とは?
Auto Messe Web
スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
AUTOSPORT web
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
AUTOSPORT web
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
AUTOSPORT web
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
AUTOSPORT web
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
乗りものニュース
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
くるまのニュース
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
AUTOCAR JAPAN
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
AUTOSPORT web
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
AUTOSPORT web
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
Auto Messe Web
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
グーネット
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
AUTOSPORT web
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
WEB CARTOP
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
AUTOCAR JAPAN
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
レスポンス
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
乗りものニュース
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
くるまのニュース

みんなのコメント

16件
  • マイナーな存在だけど、オペルのOPC(オペル・パフォーマンス・センター)もあります。
  • 一般的に
    AMG
    M
    RS

    エンジンやら足回りやら内装も違い、ノーマルより値段も1.6~1.8倍もする。極端ですが、ノーマルなら2台分買える金額に近い

    それよりか
    ノーマルをベースにパーツをつけた
    AMGライン
    Mスポーツ
    S
    はノーマルにプラスアルファの金額で買えて、ノーマルに近い。
    AMG M RS⚪⚪ルックですね。

    べつにルックが悪いじゃなく、そうゆうことなんですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村