現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンマーティン、新興EVメーカーのルーシッドからパワートレインを調達

ここから本文です

アストンマーティン、新興EVメーカーのルーシッドからパワートレインを調達

掲載 1
アストンマーティン、新興EVメーカーのルーシッドからパワートレインを調達

 英アストンマーティンは、超高性能電気自動車(EV)の開発に向けて、新興EVメーカーの米ルーシッド・モーターズと電動パワートレインおよびバッテリーシステムの調達契約を結んだと発表した。内燃機関(ICE)搭載車が中心のアストンマーティンは、自社ラインナップのEV化に向けて、今後5年間で技術開発に20億ポンド(約3700億円)以上を投資する計画。専門家から評価を得ているルーシッドの技術を活用して、高級スポーツ車分野での優位性の確立を目指す。2013年に結んだメルセデス・ベンツとの技術提携は継続する。

 アストンマーティンは、高度な車両制御を盛り込んだEV用の次世代プラットフォーム開発を進めている。超高性能車からスポーツカー、GT、SUVまでをカバー可能な汎用性を持つプラットフォームで、2025年に発売する新型車から採用する計画だ。同時に24年には、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)となるミッドシップレイアウトのスーパーカー「ヴァルハラ」を投入。26年以降には新型車すべてに電動パワートレインをオプション設定し、30年までに主力モデルをEV化する予定だ。

アストンマーティンジャパン、新型「DB12」発売 4リッターV8ツインターボエンジン搭載 価格は2990万

 その実現に向けて、ルーシッドを新たなパートナーに選んだ。アストンマーティンのチーフテクノロジーオフィサー(CTO)、ロベルト・フェデリ氏は「ルーシッドとの契約は、当社の電動化戦略の重要な要素で、EV業界をリードするパワートレインとバッテリーシステムの活用が可能になる。自社開発技術と組み合わせれば、ハイパーカーからSUVまでを網羅する独自のEV用プラットフォームが完成できる」と協業への期待を述べた。

 ICEの「音」や「フィーリング」など情緒的な評判が高い同社としては、EVへの移行は社運を賭けた決断になるという。ルーシッドのパワートレイン技術とメルセデスの電子アーキテクチャを活用してハイパフォーマンス車の将来像を具体化し、新たなファンづくりにつなげていく考えだ。

 例えばエネルギー充放電レスポンスを速めるとともに、正確な電力供給によって各輪の緻密なトルクコントロールを実現し、ICE車にはない新しい運転フィーリングを確立する。吸気系が不要になり、車体やアンダーボディーの整流が改善できるなど、電動化にはさまざまなメリットがあるという。

 さらに現在、ブレーキメーカーのブレンボとキャリパーの作動を電動化した最新のブレーキ・バイ・ワイヤの開発を進めており、ブレーキ操作のレスポンス向上やパッド粉の排出削減につながるともしている。

 アストンマーティンは電動化をてこに「持続可能な超高級・超高性能ブランド」を具体化し、さらなる成長を目指す。

こんな記事も読まれています

リゾマからヤマハ T-Max 560 Tech Max用アクセサリーパーツ10アイテムが登場!
リゾマからヤマハ T-Max 560 Tech Max用アクセサリーパーツ10アイテムが登場!
バイクブロス
「ルノー5 e-Tech エレクトリック」、またひとつベールを脱ぐ! ’24年「ジュネーブ国際モーターショー」での公開に先駆け
「ルノー5 e-Tech エレクトリック」、またひとつベールを脱ぐ! ’24年「ジュネーブ国際モーターショー」での公開に先駆け
LE VOLANT CARSMEET WEB
レクサス「新型高級SUV」発表! FFの軽快モデルも登場! 斬新デザインの「RZ」改良を実施 820万円から
レクサス「新型高級SUV」発表! FFの軽快モデルも登場! 斬新デザインの「RZ」改良を実施 820万円から
くるまのニュース
初出走の宮田莉朋は76周を走破。初日最速はフェラーリ育成ベアマン/FIA F2プレシーズンテスト
初出走の宮田莉朋は76周を走破。初日最速はフェラーリ育成ベアマン/FIA F2プレシーズンテスト
AUTOSPORT web
次期「エルグランド」に日産ファンから反響殺到! 世界初公開の新型「プレミアムミニバン」どう思う? 元祖「キング・オブ・ミニバン」復権に何を望むのか
次期「エルグランド」に日産ファンから反響殺到! 世界初公開の新型「プレミアムミニバン」どう思う? 元祖「キング・オブ・ミニバン」復権に何を望むのか
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ピストン流用を決めた「ベンリイCD125」シリンダーボアアップ用銅ガスケットを製作!【vol.6】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ピストン流用を決めた「ベンリイCD125」シリンダーボアアップ用銅ガスケットを製作!【vol.6】
バイクのニュース
【ヤマハ】電動トライアルバイク TY-E 2.2/目指すのは「手足の延長」の領域
【ヤマハ】電動トライアルバイク TY-E 2.2/目指すのは「手足の延長」の領域
バイクブロス
日本ミシュランタイヤが2月より国内市販用タイヤの価格引き上げ
日本ミシュランタイヤが2月より国内市販用タイヤの価格引き上げ
バイクブロス
トヨタ、誤った部品使用で「ノア/ヴォクシー」を生産停止したトヨタ車体富士松工場 1日夕方から稼働再開 工程品質に問題ないことを確認
トヨタ、誤った部品使用で「ノア/ヴォクシー」を生産停止したトヨタ車体富士松工場 1日夕方から稼働再開 工程品質に問題ないことを確認
日刊自動車新聞
日本で惨敗したのは北米向けの「ナンパさ」が原因!? 4年で1.5万台しか売れなかった超個性派「日産NXクーペ」とは
日本で惨敗したのは北米向けの「ナンパさ」が原因!? 4年で1.5万台しか売れなかった超個性派「日産NXクーペ」とは
WEB CARTOP
荷台の架装で七変化、トヨタ『ハイラックス・チャンプ』…新写真と映像
荷台の架装で七変化、トヨタ『ハイラックス・チャンプ』…新写真と映像
レスポンス
ルクレールは真のスポーツマンだ! メルセデス代表、卑怯な戦術を使わなかったライバルを称賛
ルクレールは真のスポーツマンだ! メルセデス代表、卑怯な戦術を使わなかったライバルを称賛
motorsport.com 日本版
【MotoGP】ヤマハ移籍のアレックス・リンス、初乗り時には「笑顔になった」ファクトリーチームの環境にも大満足
【MotoGP】ヤマハ移籍のアレックス・リンス、初乗り時には「笑顔になった」ファクトリーチームの環境にも大満足
motorsport.com 日本版
斬新すぎる「和製スーパーカー」登場! 全幅2m超え&「ヘビ顔」がめちゃカッコいい! インパクト強めの「オロチ」英での落札価格に驚きの声
斬新すぎる「和製スーパーカー」登場! 全幅2m超え&「ヘビ顔」がめちゃカッコいい! インパクト強めの「オロチ」英での落札価格に驚きの声
くるまのニュース
”裸のボッタス”再び! ヌード写真集めた2024年カレンダーの発売で2000万円以上の寄付金を集める
”裸のボッタス”再び! ヌード写真集めた2024年カレンダーの発売で2000万円以上の寄付金を集める
motorsport.com 日本版
トヨタ、レクサス「RZ」にFWDモデル「300e」追加 価格は820万円 4WDモデルは一部改良で冷間時の充電改善
トヨタ、レクサス「RZ」にFWDモデル「300e」追加 価格は820万円 4WDモデルは一部改良で冷間時の充電改善
日刊自動車新聞
トヨタ新型「ハイラックス チャンプ」登場! アンダー200万円&“超四角ボディ”に称賛の声! 新型「IMV 0」タイ発表に反響多数
トヨタ新型「ハイラックス チャンプ」登場! アンダー200万円&“超四角ボディ”に称賛の声! 新型「IMV 0」タイ発表に反響多数
くるまのニュース
【トヨタ ランドクルーザー70】オフローダーらしさを追求した内外装
【トヨタ ランドクルーザー70】オフローダーらしさを追求した内外装
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • 特定する一人が都合が悪いのか必死になって削除してますね。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/500cbc30ac566ecea2a83a85ea09fb040da33632/comment/

    終いにはカービューが全て悪いと言い出しす始末
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村