サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選3番手フェルスタッペン、失速に落胆「今日はポールは無理だった」決勝スタートタイヤもソフトに/F1第11戦

ここから本文です

 2021年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手だった。決勝はソフトタイヤでスタートする。

 Q2で最初のラップをミディアムタイヤでマーク、3番手につけていたフェルスタッペンだが、セッション後半、他のドライバーたちがソフトでアタックし、タイムを更新するなかで、ソフトでコースに戻り、トップタイムをマークした。メルセデス2台はミディアムタイヤでQ2を通過した。

ハミルトンが通算101回目のポール獲得。フェルスタッペン3番手、角田はQ1敗退16番手【予選レポート/F1第11戦】

 Q3最初のランでは、Q2の自分のタイムを上回れず、メルセデス2台に続く3番手。

おすすめのニュース

サイトトップへ