サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイ生産車は売れない? 新型キックスは“ジンクス”を破ることができるのか

ここから本文です

 日産のコンパクトSUV、キックスの受注台数が1万台を超えた。

 最近は日産の新型車が欠乏しており、ノートの人気が高いといっても発売から8年を経過する。さまざまな日産車ユーザーがキックスに乗り替えており、1万台は驚くほどの受注台数ではないが、好調であることは確かだ。

50万円で買える!! 軽パワーウォーズの双璧 ミラTR-XXとアルトワークスを狙え

 そのために納期も遅延気味で、販売店によると「2020年7月下旬に契約しても、納車は2020年12月になる。仕様によっては2021年1月にズレ込む可能性もある」という。

 納期が伸びた背景には好調な受注もあるが、タイ工場で製造される輸入車であることも影響した。

おすすめのニュース

サイトトップへ