サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「代案が功を奏した」と予選2番手のトヨタ8号車ブレンドン・ハートレー/WECポルティマオ

ここから本文です
 ポルトガル南部のポルティマオ近郊に位置するアルガルベ国際サーキットで6月12日に行なわれたWEC世界耐久選手権第2戦ポルティマオ8時間レースの公式予選で、トヨタGAZOO Racing(TGR)のGR010ハイブリッドは8号車が2番グリッド、7号車が3番グリッドを獲得した。

 開幕戦スパを制したセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレーの8号車GR010ハイブリッドは、ハートレーのアタックによりチェッカー目前にタイムを更新し、トップのアルピーヌ・エルフ・マットミュート36号車アルピーヌA480・ギブソンからわずか0.094秒おくれの1分30秒458をマーク。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン