現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 上質感が味わえるコンパクトSUV対決。価格差1万円(!)のヴェゼルとCX-30のハイブリッドモデルはどう選ぶ?

ここから本文です

上質感が味わえるコンパクトSUV対決。価格差1万円(!)のヴェゼルとCX-30のハイブリッドモデルはどう選ぶ?

掲載 57
上質感が味わえるコンパクトSUV対決。価格差1万円(!)のヴェゼルとCX-30のハイブリッドモデルはどう選ぶ?

現行型ヴェゼルのメインはハイブリッドグレード
国産SUVとして定番モデルといえば「ホンダ ヴェゼル」でしょう。初代モデルはコンパクトSUVというカテゴリーを確立させたことで知られています。

そんなヴェゼルが現行モデルとなったのは2021年4月。フレームレスのフロントグリルが特徴的なルックスと、1.5L 4気筒エンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」の採用などがトピックスでした。

>>ホンダ ヴェゼル ハイブリッドのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

非ハイブリッドグレードも用意されるヴェゼルですが、メインはハイブリッド。比較試乗してみると、非ハイブリッドの1.5Lエンジン車が軽快なハンドリングのSUVであるのに対して、ハイブリッドは車格をグレードアップさせたようなフィーリングが味わえます。

このハイブリッドから感じる落ち着いたハンドリング、モーターをメイン駆動としていることによるスムースさは、ダウンサイジング志向のユーザーも納得できる高級感があるといえそうです。

>>ホンダ ヴェゼル ハイブリッドのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

ヴェゼルの上級グレード「e:HEV Z 」のライバルとは?
ただし、ヴェゼルの上級グレードであるe:HEV Zの価格はFFで289万8500円、4WDは311万8500円と、コンパクトSUVとしてはイメージ以上に高く感じるかもしれません。購入時にはメーカーオプションのナビゲーションシステムの追加も必須といえそうで、諸費用を含めた乗り出し価格はハイブリッドのFFで330万円に迫る勢いです。

このプレミアムな価格帯でダウンサイジング志向のユーザーの愛車候補としてライバルになりそうなクルマとなると…こだわりのあるユーザーなら「マツダ CX-30」のハイブリッド仕様を上げるのではないでしょうか?

CX-5で上級イメージのあるパワートレインとなるのは、e-SKYACTIV X(スカイアクティブエックス)と名付けられた2.0Lエンジンのマイルドハイブリッド仕様です。このエンジンはSPCCI(火花点火制御圧縮着火)というマツダが独自に開発した理想的な燃焼システムを実現したもので、メカニズムとしての所有欲も満たしてくれるでしょう。

なかでもど真ん中のライバルとなりそうなのが、メーカー希望小売価格288万7500円のX スマートエディションです。両モデルの価格差は、消費税込みで計算しても1万1000円、予算感としてはほぼ同じといえます。

>>マツダ CX-30 ハイブリッドのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

装備が充実するCX-30か、燃費で圧倒するヴェゼルか?
CX-30の場合、横長ディスプレイは標準装備で、ディーラーオプションとしてメモリーカードを購入することでカーナビゲーションシステムを実装できるという部分が大きく異なります。そのため、諸費用込みの乗り出し価格は315万円程度と、ヴェゼルより少々手が届きやすい気もします。どちらも18インチアルミホイールを標準装備している点も満足度において互角といえそうです。

なお燃費性能は、ヴェゼルe:HEVのFF車で24.8km/L、CX-30のハイブリッド車では17.4km/L(いずれもWLTCモード燃費)と、ヴェゼルが圧勝しています。このようにスペックを比較していくと、価格面ではライバルでありつつ、決め手となる部分はほかにある2台といえるかもしれません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
※写真:
1枚目:ヴェゼル
2枚目:CX-30

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

二度のテストを重ね進化を続けるも「時間が必要」。今季デビューのGAINER TANAX Zの“現在地”
二度のテストを重ね進化を続けるも「時間が必要」。今季デビューのGAINER TANAX Zの“現在地”
AUTOSPORT web
プジョーの大型SUV「5008」登場!「5008」と「E-5008」に関する全ての情報!
プジョーの大型SUV「5008」登場!「5008」と「E-5008」に関する全ての情報!
AutoBild Japan
【後輪駆動モデルも登場】 EVの新型ポルシェ・マカン予約受注開始 AWDモデル比で軽量化 航続距離延長
【後輪駆動モデルも登場】 EVの新型ポルシェ・マカン予約受注開始 AWDモデル比で軽量化 航続距離延長
AUTOCAR JAPAN
【試乗】グッドイヤーの新世代オフロードタイヤ「ラングラー デュラトラック RT」登場! 実用域から非日常域まで体験
【試乗】グッドイヤーの新世代オフロードタイヤ「ラングラー デュラトラック RT」登場! 実用域から非日常域まで体験
くるまのニュース
コルベットが『シボレー・グランプリ』で1-2達成。総合優勝はインターユーロポルPR1/IMSA第7戦
コルベットが『シボレー・グランプリ』で1-2達成。総合優勝はインターユーロポルPR1/IMSA第7戦
AUTOSPORT web
ポルシェ、スペイン進出40周年を記念し『911』ハイブリッドに特別な「緑」の限定車
ポルシェ、スペイン進出40周年を記念し『911』ハイブリッドに特別な「緑」の限定車
レスポンス
今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
今季ここまで7勝も連敗中……フェルスタッペン「僕らにはまだまだやるべきことがある」
motorsport.com 日本版
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バーグマンストリート 125EXを購入するなら今! スズキが純正トップケース購入サポートキャンペーンを実施
バイクのニュース
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
「言うな!」妻に内緒でトヨタ新型「ランクル250」購入!? 極楽とんぼ「山本圭壱」の“ヒミツ”をスタッフが暴露
くるまのニュース
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
AUTOCAR JAPAN
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
LINEヤフー、音声生成AI搭載の「Yahoo!カーナビ」提供開始
レスポンス
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
スムーズで一気にトップエンドまで回る直6エンジン! 私は「2800CS」でBMW党になりました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
スズキが10年先を見据えた技術戦略を発表。5つの柱を具体例も合わせて紹介
Webモーターマガジン
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
スズキ、技術戦略説明会で次世代のパワートレーンを公開 今後のスズキはどう動く?
月刊自家用車WEB
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
ペットも快適! アネックスが12Vクーラー搭載モデルを展示…東京キャンピングカーショー2024で予定
レスポンス
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
「覆面パトカー」どう見分けてる? 「すぐわかる」「クルマの動き」意見多数!? 一般車との「決定的な違い」に反響の声
くるまのニュース
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
荒川の空を1万3000発の花火が彩る! 「足立の花火」が7月20日(土)に開催。 周辺の交通規制にもご注意を。
くるくら
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
サファリの冒険に最適? ピックアップトラックを4列シートSUVに改造、グッドウッドでお披露目
レスポンス

みんなのコメント

57件
  • やっぱり書き込んでるのはマツダ関係者だとコメントみてわかるね。そんなに心配というより危機感の現れなんだね。それよりCX応援しようよ。
  • アンチコメントにすぐ食いつく
    無職のカマッテちゃんアホンダパトロール笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

288.9377.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.01000.0万円

中古車を検索
ヴェゼルハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

288.9377.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.01000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村