サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これはまさに「おもちゃ」だ! Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOY登場!!

ここから本文です

これはまさに「おもちゃ」だ! Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOY登場!!

 Hongguang(宏光)MINI EVは、現時点で中国で最も人気のある新エネルギー車であり、昨年は累計販売台数50万台を簡単に超えた。最新の中国国内販売データによると、Hongguang(宏光)MINI EVは今年2月に2万6100台を販売し、依然として新エネルギー販売リストを上回っている。このような売り上げの急増は、安価で使いやすいというだけでなく、消費者の心理に浸透し、流行やファッションを飛躍させているのだという。

文、写真/mewcars.com

これはまさに「おもちゃ」だ! Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOY登場!!

(※ベストカーWebでは中国最大の自動車専門サイト『mewcars.com』と業務提携を結ぶことになり、双方のサイトで掲載されているお互いの記事を配信し合うことになりました。今後、定期的にベストカーWeb上にmewcars.comの記事を掲載していきます)

https://mewcars.com/news/116425

■4つのテーマキャラクターから選択可能

GAMEBOYに支払う8090元(約16万4000円)には5000元(約10万1500円)のLING LAB Chaochuang基金が含まれる

「第一世代」モデルを中心に、ファッショントレンドを追求する若い世代をターゲットにした、先に発売した「マカロン」シリーズなど、Hongguang(宏光)MINI1EVのラインナップが急速に拡大。 現在、「ストリートファイター」:Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOYがある。

 この感傷的な名前はクルマとしての位置付け、つまり「遊び」を与えるものだ。これは、若いプレーヤー、特に男性に対してワイルドで自由に作成し、クルマをユニークにする機会を提供する。 そしてパーソナライズを最大化する。

 今から上場前まで、ユーザーはLING Club APP / miniプログラム、LING LAB、Tmall / JD.com公式旗艦店などのプラットフォームにログインし、9.9元(約200円)で事前注文して「Chief Chaochuang Player Gift Pack」を楽しむことができる。

 5000元(約10万1500円)のLING LAB Chaochuang基金を含む8090元(約16万4000円)の価値となる超低金利、超低額の支払い、5年間の超長期ローンおよびさまざまな金融ソリューション、無料の課金保護ソケット、無料のLING Club 500 LING値(エクイティモール交換ギフト):そのなかでSAIC-GM-Wulingの新エネルギーユーザーはまた2000元(約4万円)の交換補助金を享受し、ほかのブランドのユーザーは1000元(約2万円)の交換補助金を楽しむことができる。

 Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOYは、ハリケーンファントム、ジャングルクロッシング、星間ローミング、パーティースウィートハートの4つのテーマキャラクターから選択できるようになった。ユーザーは、予約インターフェースで直接選択できる。

 Hongguang(宏光)MINI EV GAMEBOYの最大の特徴は、「遊ぶゲーム」がたくさんあることで、ユーザーは「中国初のオリジナルのパーソナライズされたカスタマイズサービスプラットフォーム」であるLING LABを通じて、流行のキットを継続的に更新およびアップグレードして、独自のトレンドのクルマを作成できる。

 多様なChaochuangインターフェース(ルーフ、ハブ、前面、テール、サイドサラウンドなど)に基づいて、Chaochuangキットの9つのカテゴリー(荷物、ラゲッジフレーム、ハブカバー、クルマのステッカー、カラーフィルム、レーザー彫刻など)を使用する装飾部品のさまざまな組み合わせなどにより、10万以上のパーソナライズされたカスタマイズプログラムを形成し、数千の世帯にパーソナライズされたカスタマイズを行い、「数千台のクルマと数千のアイテム」を実現する。

 また、ユーザー自身の「選択症候群」を解決するだけでなく、オプションの車両が全体的な美学を維持することを保証することができる完全なオプションパッケージセットを提供する。

 今回は特別に筆者が地元の4Sショップに来て、ハリケーンファントムをテーマに実車を改造して「Blade of Fire」を選んだ。通行人が見守って聞いて、満場一致でクルマだと言ってくれたそう。

 貫通格子の前面は、元のくすんだキュートな形状に洗練された感覚を加えている。撮影された車両には、魔法の赤いレーザー彫刻グリル装飾が装備されている。メーカーはオプションの取り付け用にさまざまなレーザー彫刻グリル装飾を提供しており、その費用は428元(約8700円)。

 独特のダイナミックなC字型LEDヘッドライトとサイバーパンクX字型LEDテールライトを採用し、クールなキャラクターを表現している。

 軽量で吊り下げられたルーフを採用し、豊かな立体感を演出すると同時に、Cピラーには個性を際立たせ、認知度を高める「GB」専用のアイデンティティカーロゴを採用。

 ボディサイズは全長2997×全幅1493×全高1604mm、ホイールベースは2010mm。さらに、サイドサラウンドトリムストリップもさまざまな色で選択できる。

■さまざまなカスタマイズのチョイスが可能とした楽しみ

ホイールにはブラックダーツタイプのリムでスポーティな味わいをプラスし、145/70R12仕様のLinglongブランドタイヤを装着するGAMEBOY

 写真のモデルは、ブラックダーツタイプのリムでスポーティな味わいをプラスし、145/70R12仕様のLinglongブランドタイヤを装着。 または、リムトリムカバーを548元(約1万1000円)に交換することで、個性を表現することもできる。

 後部はX字型テールライトなどのハイライトがあり、フロントグリルに響き渡るデコラティブパネルも充実。もちろん、アシンメトリーカラーで個性を表現することもできる。

 屋上のかぎられたスペースもフル活用。クルマのラゲッジラックレールとラゲッジラックデコレーションは、「Blade of Fire」プルフラワーにマッチした魔法のような赤い色で、価格はそれぞれ589元と590元(約1万2000円)。

 ルーフボックスは、車両の保管負荷をさらに増やすことができ、さまざまな色で利用できる。 このようなスクーターの場合、これは良好な返品率を得るだけでなく、実用性も向上させる。

 ルーフボックスが気に入らない場合は、ルーフボックスよりも手頃な価格のオープンラゲッジフレームを取り付けることもできる。

 このクルマは今でも中国で最も人気のあるシンプルでファッショナブルなスタイルだが、形状が調整されている。センターコンソールのラインはより直線的で、テーマに応じて4つの異なる配色があり、個人的に筆者はこの赤と黒の配色を好んでいる。非常にスポーティな「Blade of Fire」のハリケーンファントムテーマに沿っている。

 細部を見ると、無地の白い背景のセンターコンソールが強いコントラストを形成し、同じテーマのカラーマッチングが視覚的な快適さを高めている。センターコントロールノブは、ダイヤモンド形のパターンを持つクロームメッキの金属フレームを使用している。仕上がりや素材的には安っぽい感じはしないが、とてもファッショナブルな感じがする。

■ファッショナブルなインテリア

ステアリングはダブルスポークタイプを採用

 ダブルスポークのハンドルはゲームパッドのような感触で持ちやすく、電動パワーステアリングを搭載しているため、若い女性でも簡単にクルマを動かすことが可能だ。

 クリアなディスプレイを備えた吊り下げ式LCD機器が装備されており、ギア位置、バッテリー寿命、運転モード、速度などの車両情報が統合されている。

 安全面での構成として、ABSアンチロックブレーキシステム、EBDブレーキ力配分システム、メインドライバー用エアバッグ、メイン/助手席用3点式シートベルト、3点式シートベルトを装備。後部座席ロック、メイン運転席シートベルトの固定なし、警報音プロンプト、低速歩行者警告システム、タイヤ圧力監視機能により、車両の運転安全性を総合的に向上させている。

 後列にはふたつのISO-FIXチャイルドシートインターフェースも装備されており、ユーザーの日常の旅行を包括的かつ親密に保護する。 さらに、このクルマには上り坂アシスト、リバースカメラなどの便利な構成も装備されている。

 さらに、手動エアコンを標準装備し、コントロールパネルはスタイリッシュにデザインされ、マルチメディア機器と接続されているため、全体的に強い感触が得られる。それと同時に、電源インターフェース付きのUSBとBluetooth電話の設定により、より多くの運転が可能になり、便利だ。

 大人ふたりが後部座席に座りやすい、より実用的な4人乗り、または4人家族の毎日の旅行ニーズに対応でき、毎日の通勤にも充分なチャイルドシートをふたつ設置できるデザインを採用している。

 遊びに行ったり、子供を迎えに行ったり、買い物に行ったり、用途シーンはさまざまだが、このクルマは快適なヒップとヘッドスペースを備え、メイン/助手席は4方向に調整可能で、標準の後部座席は独立して折りたたむことができ、革で包まれたゲーミングチェアは人間工学的に設計されていて快適だという。

 また、ドアパネルやインストルメントパネルのカットなど、形状を切り抜くことでより広々とした室内空間を微妙に拡大し、カップホルダーやドアパネル収納コンパートメント、ダッシュボード収納コンパートメントなどを含む13の収納スペースは、スペースの実用性を最大化している。

 セミオープントランクのデザインはとても気の利いたもので、ある程度の実用性を保っている。後部座席もフラットレイダウンをサポートし、後部スペースを最大734Lにし、26インチのスーツケース2つと乳母車を簡単に置くことができる。

 さらにリアパーマネントマグネット同期シングルモーター構造を採用し、最大出力は30kW、最大トルクは110Nmで、NEDCの航続距離はオプションで200kmと300km。

 充電が簡単で、充電パイルに大きく依存することなく、一般家庭用アース線の220V3プラグ電源で直接充電できる。 標準の3.3kW充電器は安定して効率的であり、AC充電パイルを使用した充電時間は5.5時間/8.5時間に短縮される。

https://mewcars.com/news/116425

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら